北海道

Contents

北海道の記事・ページ

地図から探す

北海道の自然・観光スポット

知床

知床

知床

知床五湖

知床五湖

知床半島は面積約56,100 ha、長さ約70キロ、幅約40キロ(最大幅部)のオホーツク海に突き出た半島。その名「しれとこ」はアイヌ語で、「母なる大地の果て」を意味する「シレトック」から来ているといわれる。北半球の中では最も低緯度で流氷を観察することの出来る場所。トド、クジラ類などの海洋生物の他、シマフクロウやシレトコスミレなどの絶滅危惧、固有の動植物が生育する地域でもある。

知床の詳細ページへ

羅臼

羅臼

羅臼

羅臼

北海道東端、知床半島南東部。そこに羅臼の町はある。町名はアイヌ語で「ケモノの骨があるところ」を意味する「ラウシ」から来ていると言う。漁業の盛んな町で、品質が高いことで有名な羅臼昆布のほか、鮭、スケソウダラ、イカ、ウニなどが特産品。

羅臼の詳細ページへ

冬のタウシュベツ橋梁

冬のタウシュベツ橋梁

冬のタウシュベツ橋梁

気温マイナス17度。青みがかった白銀色の静寂が支配する世界。雲間から顔を覗かせていた太陽はいつのまにか大雪(たいせつ)の山並みの向こうへ隠れ、空はためらいもなく深い青へとその色を変えていく。落暉の残光。薄紅色の雲。大地の瞬きは天空へと抜けていく。

冬のタウシュベツ橋梁の詳細ページへ

タウシュベツ橋梁と糠平湖

タウシュベツ橋梁と糠平湖

タウシュベツ橋梁と糠平湖

北海道河東郡上士幌町。大雪山の麓、雄大な自然の中に糠平湖という湖がある。1955年(昭和30年)に、発電用人造ダム湖として川がせき止められて出来上がった湖だ。その湖のほとり、音更川の支流タウシュベツ川の注ぎ口に、古代ローマを思わせるような橋がある。その名はタウシュベツ橋梁。美しいアーチを持つその橋は幻の橋と呼ばれている。

タウシュベツ橋梁と糠平湖の詳細ページへ

真冬の北の大地

真冬の北の大地

真冬の北の大地

皮膚感覚が鋭くなると共に内燃機関は燃焼し、記憶中枢は別のシナプスへと繋がり始める。寒風吹けばなお頬は火照り、氷点下20度の気温が体の中心を温めてゆく矛盾。未知なる道はその先に続こうとも、今そこにある一瞬の感覚だけが指先の痺れと共に全身にひろがってゆく。

真冬の北の大地詳細ページへ

冬の美幌峠

冬の美幌峠

冬の美幌峠

つい先ほどまでおとなしかった空は見る間に掻き曇り、風も強く吹き始めてきた。西南方向は鈍色に重たく光る。屈斜路湖畔、和琴半島から車を走らせ、美幌峠の中腹に差し掛かる頃には、突風で舞い上がる雪で時折前方が見えなくなる。僅か15分ほどの合間の出来事だ。

冬の美幌峠の詳細ページへ

野付半島

野付半島

野付半島

道の両側が海、というのは独特な感覚だ。それもここは橋の上ではない。れっきとした地面なのだ。地図に載っている土地なのである。所は北海道標津町から別海町にまたがる細長い砂嘴。野付半島。

野付半島の詳細ページへ

積丹半島

積丹半島
積丹

積丹

関連リンク 積丹半島の観光

関連リンク 積丹半島の宿泊

関連リンク・関連情報 積丹半島の食

旭山動物園

旭山動物園

旭山動物園

旭山動物園旭山動物園

北海道旭川市にある旭山動物園は日本一の入場者数をほこる動物園としてその名を全国に響かせている。それぞれの動物達の習性がよく考慮された見せ方で、時にユーモラス、時にとても自然な動物達の姿を観察することが出来るのだ。

旭山動物園の詳細ページへ

サロマ湖

サロマ湖

その朝世界は、青色の静寂に支配されていた。何も聞こえない。何も動かない。風もない。瞬く光もない。歌もない。ただ、辺りは恐ろしいまでの静けさに覆われていた。それはまるで澄み切った哀しみが凍りつき、砕け散って風に乗り、どこか別の世界に降り積もってそうして固まってしまったかのようだった。

冬のサロマ湖の詳細ページへ

摩周湖

摩周湖

摩周湖

「霧の摩周湖」はマイナス22度の寒さの中、青空の下で静かにその姿を湛えていた。アイヌ語で「山の神の湖」と呼ばれるこの湖はその名の通り周囲を山に囲まれ何かに守られているかのようにそこに在った。

摩周湖の詳細ページへ

屈斜路湖

屈斜路湖

屈斜路湖

Lake Kussyaro

夏には多くのキャンプ客で賑わう屈斜路湖も、寒風吹きすさぶ冬の午後には誰一人訪れる人もなく、ひっそりとしていた。凍ってしまった液体は憂愁の欠片も持ち合わせず、温かい冷徹さで、物も言わずに雪を抱く。湖畔に顔を出すテトラポット様のコンクリート塊がかろうじてそこが湖畔であることを示すのみである。

屈斜路湖の詳細ページへ

網走湖

網走湖

網走湖

関連リンク

神の子池

神の子池

神の子池

関連リンク

支笏湖

支笏湖

新千歳空港から車で約30分、どこまでも続く林の中の道を走り抜けると、北海道ならではの雄大な大自然に囲まれた美しい湖が出現する。日本最北の不凍湖(冬でも凍結しない湖)であり、日本有数の透明度を誇る支笏湖だ。

支笏湖の詳細ページへ

千歳・支笏湖氷濤まつり

千歳・支笏湖氷濤まつり

厳冬期の北海道千歳市・支笏湖温泉で開催されるのが、千歳・支笏湖氷濤まつり(ちとせしこつこひょうとうまつり)だ。日本最北の不凍湖(冬でも凍結しない湖)であり、日本第三位の透明度を誇る湖・支笏湖の澄んだ水をくみ上げ、スプリンクラーで吹き付けて造り上げるという見事な氷の造形物。二月になれば、マイナス10度を下回ることも少なくないという支笏湖畔に、静寂と透明をあわせもった静物達が点在している。

千歳・支笏湖氷濤まつりの詳細ページへ

能取湖

能取湖

関連リンク

阿寒湖

阿寒湖
阿寒湖

関連リンク

大沼

大沼

関連リンク

洞爺湖

洞爺湖

関連リンク

クッチャロ湖

クッチャロ湖

クッチャロ湖は大沼と小沼と呼ばれる二つの湖が連なってなる湖で、面積約16平方キロメートル、外周約27キロメートル、日本では青森県の十三湖に次ぐ大きさを持つ湖だ。海抜が低く、満潮時にはオホーツク海からの水が一部に流れ込む汽水湖となっている。

クッチャロ湖の詳細ページへ

倶多楽湖

倶多楽湖

摩周湖に次いで日本で第二位の透明度を誇る倶多楽湖(くったらこ)は、支笏洞爺国立公園の特別区域内にある湖。直径3km、周囲約8kmのほぼ円形をしたカルデラ湖で、近隣に家屋がなく、流出入する河川もないために非常にきれいな水を湛えている。

倶多楽湖の詳細ページへ

襟裳岬

襟裳岬
襟裳岬

関連リンク

宗谷岬

宗谷岬

関連リンク

納沙布岬

納沙布岬

北緯43度23分07秒、東経145度49分01秒、北海道根室市にある納沙布岬は、離島を除いた日本の最東端にある岬。北海道で一番早い日の出を見られる場所として有名なスポットで、特に元旦には各地から沢山の人が集まる。

納沙布岬の詳細ページへ

能取岬

能取岬

能取岬灯台

能取岬灯台

通称美岬ラインと呼ばれる道道76号を右に折れ、まるで海に向かって続いているかのような道を辿ると姿を現すのが能取岬灯台。白と黒に塗り分けられたそのカラーリングと八角形の塔型が印象的な灯台だ。

能取岬灯台の詳細ページへ

サンピラー

サンピラー

サンピラー

時刻は午前6時。冬の朝はまだまだ暗い。暗いといっても深夜の暗さではなく、紺色の絵の具を、濃度を変えながら刷毛ではいたような色合いだ。東の空はほのかに白み始めている。あたりはひっそりとしていて、通り過ぎる車もない。雪が全ての音を吸い込んでしまうのだろう、残響音のない澄んだ世界だ。

サンピラーの詳細ページへ

北海道の動物達

タンチョウヅル

タンチョウヅル

キタキツネ

キタキツネ

エゾシカ

エゾシカ

駒ヶ岳

駒ヶ岳

駒ヶ岳

関連リンク

大雪山(黒岳)

大雪山(黒岳)
大雪山(黒岳)

大雪山(黒岳)

北海道の内陸部にある大雪山は、日本で最も早く紅葉の見られる場所の一つだ。本州以南が依然残暑の続く9月の初旬から中旬頃には山頂付近で紅葉が始まり、それは下旬から10月中旬にかけて山麓に降りてくる。年にもよるが、初冠雪を記録するのも例年9月中旬から10月上旬頃なので、タイミングさえよければ、「雪の紅葉」という季節感的にはちょっと不思議ながらも、大変美しい光景を目にすることも出来るのだ。通常なら、紅葉した葉が落ちて秋から冬となり雪が降る、というプロセスが、北海道では一足飛びにやって来る事もあるのである。

大雪山 黒岳 雪の紅葉の詳細ページへ

関連リンク

層雲峡

層雲峡

層雲峡

関連リンク 層雲峡公式

関連リンク 層雲峡の宿泊

羊蹄山

羊蹄山

関連リンク

羅臼岳

羅臼岳

羅臼岳の詳細ページへ

恵山

恵山

函館から国道278号線を東に車で40分ほど走ると、やがて海を挟んだ向こう側の岬に、太平洋に突き出すようにして雄々しく聳える山が見えてくる。よく晴れた日に見ると、手前の青い海と岩むき出しの荒々しい山肌のコントラストが特に印象的なその山が標高618メートルの「恵山」だ。

恵山の詳細ページへ

有珠山

有珠山

有珠山

関連リンク

北海道の神社・仏閣

門別稲荷神社

門別稲荷神社

門別稲荷神社の詳細ページへ

北海道の城

松前城

松前城

松前城

北海道南端の都市、函館から西へおよそ100キロ、渡島半島の先端にある町「松前」。かつて北前船の寄港地として栄え、にしんや鮭、昆布を始めとした北海道の海産物が江戸や京都へと運ばれる運送物流の中心地となっていたところである。その松前の町の中心にある城が「松前城」だ。

松前城の詳細ページへ

五稜郭

五稜郭

戊辰戦争の終局・箱館戦争の舞台となった五稜郭は星型の堀で知られる西洋式の城。徳川幕府の命を受けた蘭学者・武田斐三郎が西洋式の築城を研究して設計を手掛け、1866年に完成した。現在は五稜郭公園として整備され、市民の憩いの場所となっている。国の特別史跡。「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産に選定されている。

五稜郭の詳細ページへ

カムイチャシ

カムイチャシ

関連リンク

北海道の古い町並み・名所・旧跡・歴史観光スポット

北海道の食べ物

北海道の郷土料理 / 北海道のグルメ

北海道の食の魅力

北海道の郷土料理き

三平汁

北海道の郷土料理の詳細ページへ

炉端焼き

炉端焼き

炉端焼き

炉端焼きの詳細ページへ

オホーツク北見塩やきそば

オホーツク北見塩やきそば

ガタタン

ガタタン

ガタタンの詳細ページへ

スープカリー

スープカリー

旭川醤油焼きそば

旭川醤油焼きそば

北海シマエビ

北海シマエビ

ツブ

ツブ

ホタテフライ

ホタテフライ

ほっけ

ほっけ

コマイ

コマイ

シシャモ

シシャモ
シシャモ

ザンギ

ザンギ

ザンギの詳細ページへ

花咲ガニ &ズワイガニ

花咲ガニ

いくら丼

いくら丼

うに丼

うに丼

カニ飯

カニ飯

ゴッコ汁

ゴッコ汁

冬の北海道のスーパーや市場に行くと、ぷっくりとした形でぽよんとした身体を持つ些かユーモラスでちょっと不思議な見た目をした魚にお目にかかることがある。色は黒、または黒の縞の入った灰色。ちょいと黄色がかったものもいる。小さめのものは針のないハリセンボンみたいな形状。大きめのものはフグかアンコウに見紛う雰囲気。よく見るとお腹側に吸盤らしきものもある。なんともユニークな見た目。それが、北海道の冬の味覚の一つ、特に北海道南部の渡島半島の漁師料理・家庭料理として知られるゴッコ汁の主役「ゴッコ」だ。

ゴッコ汁の詳細ページへ

苫小牧 ホッキカレー

ホッキカレー

鮭切り込み

鮭切り込み

毛蟹

毛蟹

カレイの一夜干し

カレイの一夜干し

帆立貝の味噌汁

帆立貝の味噌汁

イカのごろ焼き

イカのごろ焼き

旭川ラーメン

旭川ラーメン

ジンギスカン

ジンギスカン

ルイベ

ルイベ

じゃがバター

じゃがバター
じゃがバター

帯広 豚丼

豚丼

イカソーメン

イカソーメン

氷頭なます(ひずなます)

氷頭なます

氷頭なます。馴染みのない人には、これは一体なんだ、と想像もつかないだろう。字面を見ても、音を聞いても、実物を見ても何か判明しないかもしれない。氷頭(ひず)とは、鮭の頭の先っぽ、鼻先から目にかけての部分の軟骨のことだ。こりこりっとした独特の食感と、氷の様な透き通った見た目を持つ珍味。北海道以外でも、鮭の獲れる青森県や新潟県、および岩手県の沿岸部で食べられている。なますの他、片栗粉をまぶして揚げても美味しい。

氷頭なますの詳細ページへ

北海道の菓子

北海道の郷土菓子 北海道のスイーツ

トラピストクッキー

津軽海峡を見下ろす小高い丘の上に建つトラピスト修道院は、1896年(明治29年)フランスからやってきた9名の修道士によって設立されたカソリック修道院。そのトラピスト修道院で作られるクッキーがトラピストクッキーだ。一口かじると、豊かで甘いバターの香りと、じゅわっと熱くなるような旨味が口の中いっぱいに広がる。その秘密は修道士たちによって作り出される発酵バター。原料の約40パーセントしか取れないというこの発酵バターをふんだんに練りこむことによって、サクッと香ばしくてとろけるようなクッキーとなるのだ。昭和11年の製造開始以来、多くの人々に愛されてきた製品で、長らく函館土産の定番の一つとなっている。

トラピストクッキーの詳細ページへ

五勝手屋羊羹

印象的な赤色の筒に入った五勝手屋羊羹は、江差町にある1870年(明治3年)創業の五勝手屋本舗で作られる羊羹。原料に小豆ではなく、金時豆を使っているのも特徴。筒の底から好みの分量を押し出して、筒に付属の糸で切って頂く、という食べ方も楽しい。小豆とは一味違う、金時豆ならではの風味はまた味わい深いもので、長い間愛されてきた理由が窺える。

わかさいも

北海道を代表する銘菓の一つ、「わかさいも」は70年以上の歴史を持つお菓子。ほっこりとした上品な甘みと飽きのこない味で、道南地方を始めとした北海道の人々に愛され、北海道土産の定番にもなっているお菓子だ。焼き芋のような食感や風味、見た目とは裏腹に、サツマイモを一切使っていないというのが驚き。食べてみるとわかるが、何も知らないと普通に原材料にサツマイモが入っているだろうと思わせる絶妙なほっこり感と味なのだ。

わかさいもの詳細ページへ

石炭ドーナツ

かつて炭鉱の町として栄えた北海道夕張の町。炭鉱の町から観光の町へと変貌を遂げたが、その夕張の名物スイーツの一つが、「石炭ドーナツ」。色だけではなく、実際に炭が練りこんである。炭といっても使われているのは勿論石炭ではなく、食品衛生上食べても問題はないとされる竹炭。竹炭は、昨今はフレンチなどでも使用され「食材」としての知名度をあげつつある材料で、これがドーナツに独自の色合いと風味を加えている。

石炭ドーナツの詳細ページへ

月寒あんぱん

北海道十勝産小豆のこしあんを薄皮で包んだ月寒あんぱんは、100年に渡って愛される札幌生まれのお菓子。パン屋やスーパーで見かける一般的なあんぱんとは違い、ややしっとりと固めの餡と生地で、飽きのこない美味しさ。卵が多めに使われており、水分が少なめで、賞味期限が製造から1ヶ月と日持ちがするのも特徴的。明治44年に整備された国道36号(月寒通)と国道453号(平岸通)を結ぶ道路、通称・アンパン道路建設の際には、工事に従事した連隊の兵士に、間食として一日に一人5個、この月寒あんぱんが配られたという逸話が残る。

月寒あんぱんの詳細ページへ

ノースマン

昭和49年に発売されたノースマンは、北海道産の小豆を使用したこし餡を、しっとりとしたパイ生地で包んだお菓子。甘さは控えめで、優しい口あたりが特徴。

ノースマンの詳細ページへ

北海道の温泉

丸駒温泉

丸駒温泉

関連リンク

定山渓温泉

定山渓温泉okkaido

関連リンク 定山渓観光協会公式

関連リンク 定山渓温泉の宿泊

水無海浜温泉

水無海浜温泉

関連リンク

羅臼温泉 熊の湯

羅臼温泉 熊の湯

関連リンク

登別温泉

登別温泉
登別

登別

関連リンク 登別温泉公式

関連リンク 登別温泉の宿泊

美瑛白金温泉

美瑛白金温泉

関連リンク 美瑛白金温泉公式

関連リンク 美瑛白金温泉の宿泊

小金湯温泉

小金湯温泉

関連リンク

北海道の各エリア

札幌

札幌すすきの

関連リンク 札幌の観光

関連リンク 札幌の宿泊

小樽

小樽

関連リンク 小樽の観光

関連リンク 小樽の宿泊

富良野

富良野

関連リンク 富良野の観光

関連リンク 富良野の宿泊

旭川

旭川

関連リンク 旭川の観光

関連リンク 旭川の宿泊

美瑛

美瑛

美瑛
美瑛

美瑛

関連リンク 美瑛の観光

関連リンク 美瑛の宿泊

ニセコ

ニセコ

関連リンク ニセコの観光

関連リンク ニセコの宿泊

稚内

稚内

関連リンク 稚内の観光

関連リンク 稚内の宿泊

帯広

 帯広

帯広

関連リンク 帯広の観光

関連リンク 帯広の宿泊

根室

根室

関連リンク 根室の観光

関連リンク 根室の宿泊

函館

函館
函館
函館
函館函館
函館

港町はどこか似ている。人と自然、陸と海、新しさと古さが入り混じる。どことなく夢と現(うつつ)の同居した御伽噺のようなふわりとした異空間。光の息吹と懐かしさ、驚きと郷愁と忘却。新鮮な風が吹きぬけ、哀愁が優しく肩を撫でていく。海を見下ろす坂道があり、細く入り組んでいる町が多いのも特徴だろう。

函館の詳細ページへ

函館

関連リンク 函館の観光

関連リンク 函館の宿泊

函館西部・函館山・元町・教会群エリア

JR函館駅周辺・大門エリア

五稜郭周辺エリア

湯の川エリア

江差

江差

関連リンク 江差の観光

関連リンク 江差の宿泊

北海道の風景

日高
函館
サロマ湖
椴法華
羅臼
北見

北見

石北峠
石北峠

石北峠

日高・十勝

日高・十勝

千歳

千歳

根室

根室

北海道関連リンク

Official

北海道HP

市町村HP

空知
石狩
札幌市
後志
胆振
日高
渡島
檜山
上川
留萌
宗谷
オホーツク
十勝
釧路
根室
Share