美幌峠

美幌峠

冬の美幌峠

つい先ほどまでおとなしかった空は見る間に掻き曇り、風も強く吹き始めてきた。西南方向は鈍色に重たく光る。屈斜路湖畔、和琴半島から車を走らせ、美幌峠の中腹に差し掛かる頃には、突風で舞い上がる雪で時折前方が見えなくなる。僅か15分ほどの合間の出来事だ。

美幌峠

美幌峠

駐車場で車を止めて、展望台の方へ登ってゆく。夏なら目を瞑ってでも登れそうな斜面は、雪ががちがちに凍りつき、風の強さもあいまって、まるで吹雪の雪山登山のようだ。最早目もあけていられない。ほんの少しのつもりで、グローブを車の中に残してきた事が失敗だった。手がかじかんで思うように動かなくなってゆく。まともに立っていると吹き飛ばされそうになるこの風の強さ。時々耐風姿勢を取らないと体が宙に浮きそうになる。風速15メートル近くあるだろうか。風速1メートルで体感温度が1度下がるとすると、裸の手がさらされている温度はマイナス37度程だろうか。組織がゆっくりと活動を鈍くしてゆくのがわかるようだ。

美幌峠

風が止むのを待って、強張った手に喝を入れ1,2枚シャッターを切り、それからまた登り始める。5分もかからぬ様な道のりがひどく長く感じられる。周りを見る余裕もなく、吹き飛ばされぬように斜面にへばりつくのが精一杯だ。

美幌峠

そうしてこうして、どうにかたどり着いたそこから見えたもの。それは感動的なまでに広大無辺な光景だった。舞い上がる雪煙の向こうにくっきりと屈斜路湖がその姿を顕示している。全面氷結したその表面には雪が積もり、そこだけ時が止まっているかのように白く固まっている。重い雲が垂れ込める西側の空とは対照的に東側にはうっすらと青空も見え、その下には摩周岳や斜里岳が峰を連ねている。まさに、息を呑む光景だ。一瞬ぴたりと風が凪ぐ。転瞬ざらりとなぜが鳴く。天空はるかに越えてゆく。思いの流れのその中で。輝きを止めるその前に。ふわりと雲が咲く前に。

美幌峠

Japan web magazine’s recommend

美幌峠

+-で地図を拡大縮小

Share