宇和島鯛めし

宇和島鯛めし

今治や松山周辺の名物として知られる「鯛めし」・・・焼いた鯛をご飯と共に土鍋で炊いて作るもの・・・とは、また違ったスタイルの「鯛めし」が、宇和島周辺で食べられているこの鯛めしだ。炊き込みの「鯛めし」とは異なるレシピのこの「鯛めし」は、「宇和島鯛めし」とも呼ばれている。

宇和島の郷土料理

愛媛県宇和島は、四国の西側、愛媛県の南部に位置する町。黒潮の影響でとても気候の温暖な所で、豊富な海の幸、闘牛、和霊神社、そして日本に12しかない現存天守の一つ「宇和島城」でその名を知られる。その宇和島で、古くから食べられ、宇和島の郷土料理となっているのが「鯛めし」だ。

この宇和島の鯛めし、醤油や酒、出汁、そして生卵を混ぜて作るタレと、宇和島周辺で獲れた新鮮な鯛の生の切り身、そしてネギなどの薬味を、炊き立てご飯にかけて食べるという豪快なもの。宇和島の沖合いに浮かぶ日振島を根拠地にしていた伊予水軍によって考案されたとも、周辺海域で漁を行っていた漁師によって考案されたとも伝えられる食べ方で、宇和島で「鯛めし」といえばもっぱらこのスタイルなのだ。

生の卵と生の鯛の切り身、初めて聞く方は、ちょっと躊躇するかもしれない。すき焼きの牛肉ならいざ知らず、生卵と鯛の刺身が合うの?と。魚臭いのでは?と。でも、一度味わってみれば、それが杞憂に過ぎないことを知るだろう。この食べ方に、うんうんと納得するだろう。

ぷりぷり新鮮な鯛の旨みに卵とタレのとろっとした食感と味が絡まり、何ともいえぬ美味しさを醸し出す。ややもすれば、ちょっと官能的な感じがするほどに。美味しさは、味だけじゃない。美味しさは見た目だけでもない。同じくらい大事なのは、食感なのだ、ということを改めて教えてくれる。生の魚と生の卵、この少々意外なる組み合わせの「妙」が身体の中をずんと突き抜けていく。鯛の、卵の、旨みと甘み、とろみとぷりっとした食感。ご飯に纏わりつくように絡まるタレ。思わず、唸ってしまう。身悶えてしまう。海の味と陸の味がいいバランスで混ざると美味しさは倍増するというが、一つの丼の中にこの法則が見事ぴったりはまっているのだ。もう、ご飯がすすむ、すすむ。丼をもって箸でかき込むように、かっかっ、はふはふ、むしゃむしゃ、もぐもぐ。海の恵みと鶏卵の滋味が、薬味のしゃっきり感を伴って、怒涛のごとく身体の中になだれ込んでいく。

宇和島鯛めし

ご飯の上に切り身をおき、そこにタレをかけるか、タレに切り身を浸し、タレもろともご飯にかけるかはお好みで。

宇和島鯛めし

そのとろりとした食感を予感させるようなつやつやとした見た目。食べる前から、絶対に美味しいという確信にも似た気持ちになる。

お店によって、タレの辛味・甘み、薬味などが変わる。はしごして食べ比べてみるのもお勧め。

鯛めし

こちらは土鍋で鯛と米を一緒に炊いた炊き込みご飯風の鯛めし。宇和島以外の東予地域・中予地域で主に「鯛めし」と呼ばれるのはこれ。

宇和島鯛めしの作り方

言うまでもなく、最も美味しいのは宇和島まで足を運び、南予の風を感じながら、地元で獲れた新鮮な鯛を使って作られる鯛めしを地元のお店で食べること。もしくは、幸運な繋がりがあるのならば、南予の一般家庭にお邪魔して、各家庭に伝わるレシピを味わうこと。でも、そんなの中々叶いそうにないなぁ、という方にはぜひ一度、ご家庭でこの宇和島鯛めしを作ってみていただきたい。なんせ、材料はシンプル、作り方もいたって簡単だ。新鮮な鯛のお刺身が手に入ったら、炊き立てご飯を用意して、醤油、酒、出汁を混ぜ、それに生卵をよくといて作るタレに刺身を漬けて、それをご飯にかけるだけ。「炊き込みの鯛めし」とも「鯛茶漬け」とも違う、宇和島の「鯛めし」の出来上がりだ。

用意するもの

材料(4人分)

  • 鯛・・・400g
  • 出汁・・・カップ1/2
  • 醤油・・・大さじ4
  • 日本酒・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 卵・・・4個
  • ご飯 適量
  • もみのり 少々
  • 小口ねぎ 少々
  • ごま 少々

作り方

1.鯛を薄切りにする。刺身になっているものならそのままで大丈夫。

2.卵を器に割りいれ溶いてから、調味料を混ぜ合わせる。

3.2に1の切り身を漬ける。または、切り身をご飯の上に乗せ、2をかけてもよい。

4. もみのり、小口ネギ、ゴマなどを散らして出来上がり。

宇和島鯛めしを食べられるお店

一心

宇和島城のすぐそばにある海鮮割烹のお店。内装外装とも純和風の店構え。割烹とはいえ、比較的入りやすい。鯛めしはご飯のお代わりも可能。

ほづみ亭

とみや

Memo

宇和島鯛めしは、「じゃこ天」と並ぶ愛媛を代表する郷土料理として、農林水産省の「郷土料理百選」にも選ばれている。

Share