トラピストクッキー

トラピストクッキー

発酵バターの香り

津軽海峡を見下ろす小高い丘の上に建つトラピスト修道院は、1896年(明治29年)フランスからやってきた9名の修道士によって設立されたカソリック修道院。そのトラピスト修道院で作られるクッキーがトラピストクッキーだ。

一口かじると、豊かで甘いバターの香りと、じゅわっと熱くなるような旨味が口の中いっぱいに広がる。その美味しさの秘密は修道士たちによって作り出される発酵バター。原料の約40パーセントしか取れないというこの発酵バターをふんだんに練りこむことによって、サクッと香ばしくてとろけるような美味しさのクッキーとなるのだ。昭和11年の製造開始以来、多くの人々に愛されてきた製品で、長らく函館土産の定番の一つとなっている。

トラピストクッキー

かわいらしいデザインの黄色の一袋に三枚入っている。一枚当たりの大きさは、横約7.4cm、縦約3.2cm、厚さ約0.4cm。軽くて薄くてさくっと口の中で崩れていく。

クッキーの表面には「TRAPPIST LUTECE」の文字。「LUTECE」とは現代のパリの祖先となった町の名とか。

トラピストクッキー

口の中いっぱいに広がる芳醇なバターの香り。コーヒーや紅茶はもちろん、牛乳と共に食べるのもおすすめ。思わず身悶えてしまうような、「熱い」旨味が体を駆け抜けていく。

Memo

発酵バターはチーズのように発酵熟成させて作るバターで、香りが豊かで、消化がよいのが特徴。

トラピストクッキーを買う

トラピストクッキーは、トラピスト修道院の左側、駐車場の前にある売店で購入できるほか、函館ベイエリアの土産店、朝市、函館駅売店、空港売店でも販売している。

Amazonや楽天などのネットでも購入可能だ。

Japan web magazine’s recommend

この記事を書いた人

Japan Web Magazine 編集部

日本のおいしい食べ物、素敵な場所、いいモノ、いいコトなどをご紹介します。

Japan Web Magazine 編集部 の記事数 1756 Japan Web Magazine 編集部 の投稿一覧 See all posts by Japan Web Magazine 編集部

Avatar photo