川島城

阿波九城の一つ 川島城は、1585年(天正13年)に阿波国の初代藩主となった蜂須賀家政が、藩内の重要な場所に造らせた9つの城「阿波九城」の一つ。元々は、安土桃山時代に三好氏の家臣であった川島兵衛之進(かわしまひょうえのし

続きを読む

川島神社

吉野川市川島町の鎮守・川島神社は川島城の二の丸跡にある神社。JR徳島線の阿波川島駅から約500メートル、徒歩7分ほどの場所だ。元々は、日本最大の川の中の島であり、大正4年まで約500戸、3,000人もの人々が暮らしていた

続きを読む

阿波神社

静寂の中に佇む神社 徳島県鳴門市大麻町にある阿波神社は、1221年(承久3年)に勃発した承久の乱の後、同年に土佐へ、さらに1223年(貞応2年)に阿波に移り約9年滞在の後、1231年(寛喜3年)にこの地で崩御した土御門天

続きを読む

大麻比古神社

阿波国一宮 地元の人々には「大麻さん」「おわさはん」として親しまれる大麻比古神社は徳島県鳴門市にある神社。阿波国・淡路国両国の総鎮守として古くから崇敬を受けてきた神社だ。ご祭神として、農業、産業の守り神である大麻比古神(

続きを読む

撫養城

三層の模擬天守 撫養城は、別名、岡崎城、林崎城とも呼ばれる徳島県鳴門市撫養町林崎にある城。標高60メートルほどの妙見山に建てられた平山城だ。築城年は不明で、古くは南北朝時代に後醍醐天皇側についた武将の一族・小笠原氏の城と

続きを読む

安楽寺

四国八十八箇所霊場第六番札所 一見すると大陸的な構えの門が出迎えてくれる温泉山安楽寺。弘仁6年(815年)、空海によって建立されたと伝えられる。温泉山というその名の通りこの地に万病に効く温泉がこんこんと湧き出ていたといわ

続きを読む

かずら橋

西祖谷のかずら橋 それは不思議な存在感で、そこにあった。幾つもの山を越え谷を渡りたどり着いた山奥の渓谷。まるで生きているかのようにツルがツルを掴み、そして支柱である大きな木に絡まって渓流の上に横たわっているのだ。その上を

続きを読む

おいもさん「鳴門っ娘」

和三盆となると金時の幸福な邂逅 なんと可愛らしい見た目だろう。袋を開けて出てきたのは、三本の小さな小さな色も形も本物のサツマイモそっくりのお菓子。先細りの感じといい、どことなく無骨でいながらもすっとした皮の感触といい、薄

続きを読む

霊山寺

四国八十八箇所霊場第一番札所 創建は遠く天平年間(729-749)にさかのぼる。1400もの寺院建立に携わったといわれる行基によって建立されたと伝えられる寺だ。四国八十八箇所めぐりの第一番札所ということもあり、お遍路さん

続きを読む

大鳴門橋

渦潮と橋 瀬戸内海特有の静かで濃い青色をした海。空には雲がいくつか浮かんでいる。とても平和で長閑な午後。時折吹き抜ける風はさらさらと砂を運ぶ。世界中の海にある砂の数だけもし海があったとして、そのすべての海の砂の数は全部で

続きを読む