一乗谷朝倉氏遺跡

福井県福井市の南東約10キロ、一乗谷にある朝倉氏遺跡は、1471年(文明3年)に戦国武将・朝倉孝景が越前支配の根拠地をこの地に置いて以後、朝倉氏五代が百余年にわたり栄華を誇った城下町跡。 山城である一乗谷城を中心に、山麓

続きを読む

三渓園

重要文化財の建物が点在する日本庭園 明治末から大正時代にかけ製糸・生糸貿易で成功した岐阜県出身の実業家・原三溪(原富太郎)によって造られた庭園が、神奈川県横浜市にある三溪園。横浜駅から南東方向に6~7kmの東京湾に面した

続きを読む

旧安田庭園

潮入回遊庭園 旧安田庭園は江戸時代、常陸笠間藩本庄氏の下屋敷があったところで、1701年(元禄4年)にこの地を拝領した本庄因幡守宗資が築造したと伝えられる大名庭園。中央に心字池と呼ばれる「心」の字をかたどった池が配され、

続きを読む

旧古河庭園

和洋の調和した庭園 旧古河庭園は、JR駒込駅とJR上中里駅のほぼ中間地点、西ヶ原にある庭園。武蔵野台地の斜面を巧みに利用して、洋館、洋風庭園、そして日本庭園が配されている。元は、明治の元勲であり、外務大臣などを歴任した陸

続きを読む

殿ヶ谷戸庭園

武蔵野の自然の面影残る日本庭園 JR中央線国分寺駅から徒歩2分、かつて国分寺村殿ヶ谷戸と呼ばれた場所にあるのが、国の名勝にも指定されている殿ヶ谷戸庭園(とのがやとていえん)だ。面積は約21,124平方メートルとさほど広く

続きを読む

武家屋敷跡 野村家

加賀藩の藩祖・前田利家が1583年(天正11年) 金沢城に入城し加賀百万石の礎を築く際に、直臣として利家につき従った野村伝兵衛信貞の屋敷跡。 明治維新後の混乱で建物の一部が壊されたものの、昭和に入ってから北前船の船主・久

続きを読む

野宮神社 京都の紅葉

野宮神社 野宮神社と紅葉 近隣に名だたる紅葉スポットがある為か紅葉の名所としての知名度はそこまで高くない野宮神社だが、こじんまりとしていながらも静けさの音が色として感じられるような幽玄で雅な紅葉を見ることが出来る。良縁、

続きを読む

天龍寺 京都の紅葉

天龍寺 天龍寺と紅葉 作庭の名人「夢窓疎石」によって開山された天龍寺。その美しい建物と庭園は世界遺産にも登録されている素晴らしいもの。巧みに配された木々と石、そして建物が織り成す風景。四季折々均整のとれた「美」を見せるが

続きを読む

二条城 京都の紅葉

二条城 二条城と紅葉 大政奉還が行われ、江戸から明治へと大きく日本が変わる節目の出来事の舞台となった二条城。激動の歴史を見つめ続け、謀略策略入り乱れた場も今はおだやかに観光客を受け入れ、その目を楽しませる場となっている。

続きを読む

二尊院 京都の紅葉

二尊院 阿弥陀如来、釈迦如来の二体のご本尊が在ることから、その名がついた二尊院。比叡山延暦寺に属する天台宗延暦寺派の寺院だ。豪壮な門は伏見桃山城の薬医門を移したもの。この門から本堂までの参道は「紅葉の馬場」と呼ばれ、その

続きを読む