ひゅうず

白くてもっちりとした、まるで大ぶりな餃子か何かのような形をした見た目。上にぱらぱらと撒かれた20粒ほどの黒ゴマがかわいらしいアクセントになっている。二つに割ると、中からとろーりと溢れ出す甘い蜜。刻んだクルミも顔を出す。一

続きを読む

がんづき

がんづきは宮城県や岩手県で主に食べられている郷土のお菓子。小麦粉、卵、牛乳に、重曹、酢、味噌、醤油、黒砂糖などを入れて蒸し上げて作る、蒸しパンやスポンジケーキのような見た目のタイプ(黒がんづき)と、写真のような白いタイプ

続きを読む

がんづき

素朴な郷土菓子 雁(がん)の肉に似ていることからその名がついた(丸く蒸されたがんづきとその上にトッピングされたゴマを、雁と月になぞらえ、がんづきとなったという説も)といわれる「がんづき」は岩手県東部や南部で主に食べられて

続きを読む

かもめの玉子

三陸銘菓「かもめの玉子」 包みを開けるとほんわりと柔らかな香りを纏いながら姿を現す純白色をした卵形の物体。いや、卵形というよりもその姿は卵そのものだ。その名もずばり「かもめの玉子」。岩手県三陸地方の銘菓である。 かもめの

続きを読む