宿場町

「宿場町」とは、「宿場」を中心に街道沿いに発展した町のこと。「宿場」は、江戸時代に、東海道・日光街道・奥州街道・中山道(中仙道)・甲州街道の五街道や脇往還(五街道以外の主要な街道)において、人の移動や、物資輸送、連絡業務のための人馬や宿の整備の為、公に設定された町場で、古くからあった駅家(えきか/うまや)や伝馬の制度をさらに整備したもの。身分の高い武士や公家が宿泊した本陣を中心に、脇本陣、旅籠、木賃宿などが並び、商店や茶屋もあった。

明治維新後の鉄道の開通や自動車の普及などにより、衰退した箇所も多く、天災や火事、戦争、および時代の流れの中で建物が近代的なものに建て替えられたりと、その様相を大きく変えてしまった場所も少なくないが、その一方で往時の姿を今に伝えるような建物や、高札場、井戸などの史跡・旧跡が今も多く残っている場所もある。