日本の秋風景

雨の紅葉風景  秋雨の日を楽しむ方法

京都の紅葉 雨の紅葉風景

雨の中の秋 雨上がりの秋の美しさ

足元や服がぬれたり髪の毛がまとまらなかったり、視界が悪かったりと、日常生活でも(特に外歩きをしなければいけない時や運転している時の)雨は、ちょっと嫌なものですが、旅先であればなおさらのこと。

せっかく楽しみにしていた景色も台無し、服や靴や靴下が濡れてもすぐに交換できなかったり、荷物やバッグがぬれてしまったり。

ボートやカヌーに乗っても楽しくないですし、アミューズメントパークでも乗り物に乗れなかったりもします。露天風呂も「身体も髪の毛も洗い場で濡れているから、まあいいかな」と思っていても、外でお風呂につかりながら雨に打たれるのは想像以上に不快なもの。場所によっては用意されていることもある「すげ笠」を頭に被ったりしながら、「これも中々に乙かな」なんて無理やり思おうとしても、結局廂の下など雨の当たらない所に避難することになったりと、存分に露天風呂を満喫する、という感じにはなりません。

移動の際の運転も、結構気を使います。いつも走っている道でも雨の日は憂鬱なのに、知らない道を視界の悪い中走るのはやはりいつもより緊張感があって疲れるもの。雨は雨で雰囲気がある時もあって、それなりに楽しめたりもしますが、それでもやっぱりショッピングにしても散策にしても、ゆっくりのんびり気楽に快適に、という訳には中々いきません。
お土産袋がぬれるのも嫌になりますし、とにかく旅先での雨はあまり好ましいものではないですよね。

それでも個人的には、(足元などが濡れるのはやはり不快ではあるものの)「雨の日ならではだなぁ・・・」と、いつもより感動し、その光景が心に深く刻まれるのが、雨の日の紅葉風景なのです。

きらきらと陽光があたる紅葉風景も当然素敵なのですが、濡れそぼって少し重たくなった葉の、赤色や黄色も鮮やかに、存在感を3割以上増して、そこにある、紅葉の風景、雨の中や雨上がりの秋の風景の美しさは、格別な気がするのです。

しっとりと落ち着いていながら少し艶も出て、晴れの日の美しさが健康的な明るい美であるとするならば、少し憂いのある大人の色気の美しさとでもいいましょうか。思わず、一人静かにそこに佇んで物思いに耽ってしまうような風景。愛する人のことを思いだしたり、別れた人のことを思い返したり、居なくなってしまった人のことを懐かしく思ったり、この先の自分の人生を考えたり、過去のことを後悔したり反省したり、哲学的なことや抽象的なことを考えたり、文学的なことや芸術的なことをあれこれ思案したり。

雨の日の、雨上がりの日の午前中、水滴光る秋の葉の、首を垂れる木々の枝の、輝きと枯れの中間の、とても優しい暖色の、柔らかな色合いを見ているだけで、終焉に向かって少しずつ、時が進んでいく感じが、何とも言えず素敵だなと思ってしまうのです。

いつもよりも人が少ないのもいいですね。

特にしとしとと雨の降る平日のまだ早い時間帯であれば、行楽シーズン真っ只中の人気紅葉スポットであっても、人もまばらであったりもして、じっくりと、のんびりと、心ゆくまで美しい景色を堪能できるというのは、実に幸福なことです。

今日はそんな雨の日の、雨上がりの日の、紅葉風景、しっとりと落ち着いた秋の風景をお届けします。

わざわざ雨の日にお出かけするのも億劫かも知れませんが、紅葉の時期であれば是非、雨の中でもお出かけになってみてくださいね。思ってもみなかった美しい風景に出会えるかもしれません。

雨の日の紅葉風景 雨上がりの紅葉風景

京都の紅葉 雨の紅葉風景
京都の紅葉 雨の紅葉風景
京都の紅葉 雨の紅葉風景

京都の紅葉 雨の紅葉風景

京都の紅葉 雨の紅葉風景
京都 今宮神社


高桐院

雨の紅葉風景

雨の紅葉風景 秋田の紅葉雨の紅葉風景 秋田の紅葉

雨の紅葉風景 秋田の紅葉

雨の紅葉風景 秋田の紅葉

雨の紅葉風景 秋田の紅葉

雨の紅葉風景 秋田の紅葉

雨の紅葉風景 秋田の紅葉

雨の日の紅葉風景 福岡県 秋月城跡雨の日の紅葉風景 福岡県 秋月城跡

雨の日の紅葉風景 福岡県 秋月城跡

雨の日の紅葉風景 福岡県 太宰府雨の日の紅葉風景 福岡県 太宰府

雨の日の紅葉風景 福岡県 太宰府

雨の日の紅葉風景 福岡県 太宰府

Japan Web Magazine 編集部

日本のおいしい食べ物、素敵な場所、いいモノ、いいコトなどをご紹介します。

    Japan Web Magazine 編集部 has 1782 posts and counting. See all posts by Japan Web Magazine 編集部

    アバター画像