投入堂

三徳山三佛寺 宙に浮くお堂 初めてそこに辿りついた人たちは、感動や達成感とともに、大抵誰もが似た様な感想を抱くだろう。「一体、どうやって?」「一体、何のためにここに?」と。 道なき道を進み、土や岩の崖を根っこや鎖をたより

続きを読む

石山寺

しとしととそぼ降る雨、真っ直ぐに伸びた石畳の参道。森厳な雰囲気の中、「ひらめき」という名の精霊がそこかしこに宿っている。創造する人々はそれを「インスピレーション」と呼ぶのかもしれない。それは沢山の人々に様々な思いを想起さ

続きを読む

円覚寺

鎌倉五山第二位 元との戦い(元寇)によって失われた両軍の多くの命を弔うために、鎌倉幕府8代執権北条時宗によって1282年(弘安5年)に創建された円覚寺は臨済宗・円覚寺派の総本山だ。その名の由来は建立の際に「円覚経」が出土

続きを読む

高野山金剛峯寺

日本有数の聖地 その場所は、地域全体が何か大いなるものに守られているような、厳かな「何か」に満ち満ちているような、穏やかな流れがあるようなそんな場所だ。それはきっと気のせいではない。ややもすれば、観光客や土産店の雑とした

続きを読む

中尊寺

奥州平泉「奥州藤原氏の栄華を伝える地」 国道4号線は、東京都中央区の日本橋を起点に青森県青森市までを結ぶ日本一長い国道だ。今日では東北自動車道や東北新幹線などともほぼ並走し、埼玉県春日部市、茨城県古河市、栃木県小山市、宇

続きを読む

興福寺

法相宗の大本山 南都六宗の一つ、法相宗の大本山の寺院で、南都七大寺の一つに数えられる興福寺は、藤原氏の祖・藤原鎌足の子、藤原不比等によって建てられた寺。奈良時代には大安寺・薬師寺・元興寺(がんごうじ)と並ぶ四大寺(平安時

続きを読む

鶴岡八幡宮

鎌倉の守護神 1063年(康平6年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して由比ガ浜近辺で祀ったのが鶴岡八幡宮の始まりといわれている。1180年(治承4年)、源頼朝がこの地に遷し、1191年(建久2年)にはほぼ現在のような形

続きを読む