世界最大級のブナの原生林!世界遺産「白神山地」に行くなら、必ず訪れたい!定番スポットから穴場まで3選!

世界遺産 白神山地の風景 東京から直線距離で約550キロメートル、「知床」「小笠原」「屋久島」と並ぶ、日本に4つしかない世界自然遺産の「白神山地」。 ブナの原生林が生い茂る白神山地は、核心地域(直接保護の対象となるエリア

続きを読む

湯の峰温泉 つぼ湯 日本最古の共同浴場

世界遺産・熊野本宮大社から車で約15分、和歌山県田辺市の山間にひっそりとたたずむのが湯の峰温泉だ。小さな川の両岸に15軒ほどの旅館や民宿が立ち並ぶ小さな温泉だが、その町のはずれに、「つぼ湯」と呼ばれる場所がある。道路から

続きを読む

御師 旧外川家住宅

御師 富士信仰 国道137号線と139号線の交差点に立つ鳥居「金鳥居(かなどりい)」から、南西方向に約400メートル、歩いて約6分ほどの場所にあるのが、旧外川家住宅だ。通称「富士みち」とも呼ばれる国道137号線・139号

続きを読む

須山浅間神社

富士山南口下宮 富士山の南東側の山麓、静岡県裾野市の須山地区に鎮座する神社が、須山浅間神社。富士山登山道の一つで、1883 年に御殿場口登山道が拓かれるまで、主要登山口の一つであった須山口登山道の起点となる場所にある神社

続きを読む

人穴富士講遺跡

富士講修行の場 16世紀末にこの地において修行を積み、悟りを開いたとされるのが、富士講の開祖長谷川角行(藤原角行)。以来、富士講の聖地となり、信者達が富士山の登山前後に訪れる聖地となった。人穴富士講遺跡として市の指定史跡

続きを読む

吉田胎内樹型

富士講の聖地 溶岩流と胎内樹型 火山が噴火した時に流れ出た溶岩流が、樹海の立ち木や倒木の上を流れた際、内部に閉じ込められた木々が燃え、その木々の形を残したまま溶岩が冷え固まると、木の形をした空洞が出来上がる。それが溶岩樹

続きを読む

金峯神社

金峯神社   吉野の最奥に佇む社 桜の名所として知られる吉野は一目千本と言われるその圧倒的壮観を表してエリアごとに山下から山上へ順に下千本、中千本、上千本と呼ばれている。さらにその奥、吉野水分神社から上のエリア

続きを読む

玉置神社

大峰山系の奥地にある聖地 奈良県の最南端に位置する十津川村にそびえる玉置山(標高1,076.4メートル)は、古くから修験者が修行を行い、「霊山」として敬われ信仰されてきた大峰山系の山の一つ。樹高28メートルの神代杉(じん

続きを読む

温泉津温泉

約1300年の歴史を持つ温泉 開湯はおよそ1300年前と伝えられる歴史のある温泉。静かな落ち着いた町並みの続く温泉街には庄屋屋敷をはじめとした歴史ある建物が多く残り、「温泉津町温泉津伝統的建造物群保存地区」として国の重要

続きを読む

富岡製糸場と絹産業遺産群

日本初の本格的機械製糸工場 群馬県富岡市にある富岡製糸場は、1872年(明治5年)にフランスの技術を導入して開業した日本初の本格的機械製糸工場。 現在、工場は操業していないが、敷地内に開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存し

続きを読む