浜焼き鯖

若狭地方の名物 獲れたて新鮮な鯖を串に刺し、豪快に一本まま焼き上げるのが、越前若狭名物の浜焼き鯖。かつて保存も運搬も今のような方法や技術がなかった時代に、傷みやすい鯖を保存・運搬するための方法として編み出されたといわれる

続きを読む

えびす(べろべろ・べっこう)

べっ甲色のお惣菜 黄金色の見た目も美しいこの食べ物は、えびす、べろべろ、べっこう、えべす、はやえべすなどと呼ばれる郷土のお惣菜。寒天に溶き卵、しょうがを入れ、醤油や砂糖で味付けをして固めたものだ。ぷるぷるっとした食感とし

続きを読む

ふぐの子糠漬

猛毒=珍味? 美味なる高級食材の一つとして知られるふぐ。てっさにてっちり。そしてひれ酒。淡白ながらも味わい深く、うなるような美味をたたえるその味覚を愛する人多いだろう。同時に、「フグは食いたし命は惜しし」という言葉もある

続きを読む

幻魚(げんぎょ・げんげ)干しの風景

数年前、築地で働く友人が、珍しいものが手に入ったと持ってきたものがあった。大きなおたまじゃくしの様な、ぬるぬるレロレロした不思議な魚。さして美味しいそうには見えないその見た目。それほどの期待をせずに食べてみると、豈図らん

続きを読む

かぶら寿し

日本の発酵食品 かぶら寿し 北陸の冬の味 かぶらというのは、「蕪」の事。かぶら寿し(かぶら寿司)は北陸地方、特に石川や富山で古くから作られてきた郷土のお漬物、伝統的な発酵食品だ。寒さの中で立派に成長した色白の甘いかぶらと

続きを読む

昆布〆

富山名物 白えび昆布締め 北前船がもたらした富山の郷土料理 昆布消費量日本一の県はどこかご存知だろうか。出汁をとるのに使用するのみならず、炒め物などにして昆布そのものを食べる沖縄県や青森県の昆布消費量も多いのだが、現在の

続きを読む