南部曲り家 千葉家

南部曲り家 千葉家

南部曲り家 千葉家

人と馬の住む家

岩手県を中心とした東北地方と茨城県に今も残るのが曲がり家(曲がり屋とも表記される)だ。人と馬が一つ屋根の下に暮らす構造になっていて、人が生活する母屋(もや)と馬が生活する馬屋(厩・・・まや・うまや)がLの字状に繋がって一軒の家になっていることから「まがりや」と呼ばれる。

遠野地方にある南部曲がり家・千葉家は現在も人が生活する築200年の曲がり家だ。現在は馬は居ないが、往時には馬20頭、使用人15人を抱える大所帯であった。母屋部分の広さはおよそ120坪、馬屋部分は40坪。一般的に曲がり家は、馬屋の部分が日当たりのよい南側に面していることが多く、馬の特産地でありながらも寒い東北地方において、人々が馬を大切に育てていたことを窺い知ることが出来る。

南部曲り家 千葉家と周辺の景観をフルスクリーンで見る

南部曲り家 千葉家

道や田畑を見下ろす一段高い高台に、重厚な石垣を組んで建てられた堂々たる曲がり家。東北の曲がり家は、18世紀頃に藩(盛岡藩や八戸藩など)に奨励されて建てられたといわれ、それぞれの土地の名士や権力者が家の主であった。千葉家も家から見渡す田畑をすべて所有していたという。

南部曲り家 千葉家
南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家
南部曲り家 千葉家
南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家
南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家
南部曲り家 千葉家

南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家
南部曲り家 千葉家

南部曲り家 千葉家

南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家南部曲り家 千葉家

Japan web magazine’s recommend

Share