紀伊 串本の奇岩群「橋杭岩」

橋杭岩

弘法大師が天邪鬼と、沖合の島まで一晩で橋をかけられるかの賭けをし、負けそうになった天邪鬼が鶏の声色を真似て、朝が来たと勘違いした弘法大師が杭を作った所であきらめて立ち去った、という伝説が残る橋杭岩は、和歌山県串本町の海岸から対岸の紀伊大島に向かって大小40の岩が850メートルにわたって連なっている奇岩群。

国の名勝にも指定されている近隣でも指折りの景勝地で、特に月夜の晩や、朝日の美しさで知られている。

撮影場所

Share