アマミチューの墓

アマミチューの墓

浜比嘉島の聖地

神の島・浜比嘉島にある聖地「アマミチューの墓(アマミキヨの墓)」は、琉球開闢(かいびゃく)の祖神アマミチュー(アマミキヨ)の墓と伝えられる場所。浜比嘉島の東側に地元の人々には「アマンジ」とも呼ばれる岩屋の小島があり、そこに洞窟を囲い込むようにして墓がある。毎年、年頭拝み(ニントウウガミ・ニントゥウグワン・・・旧暦の1月1日に行われる儀式)には比嘉のノロ(祝女)が中心となり、多数の島民と共に、五穀豊穣・無病息災・子孫繁昌・島の発展を祈願している。シルミチュー霊場と並ぶ浜比嘉島の神聖な場所であり、沖縄のパワースポットの一つとしても知られている場所だ。

旧正月行事 ニントゥーウガミとハチニントゥ 平安座自治会(外部リンク)

アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓

  
   

アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓
アマミチューの墓

Japan web magazine’s recommend

アマミチューの墓

+-で地図を拡大縮小

Share