吉田胎内樹型

富士講の聖地 溶岩流と胎内樹型 火山が噴火した時に流れ出た溶岩流が、樹海の立ち木や倒木の上を流れた際、内部に閉じ込められた木々が燃え、その木々の形を残したまま溶岩が冷え固まると、木の形をした空洞が出来上がる。それが溶岩樹

続きを読む

シルミチュー

シルミチュー霊場~神の島・浜比嘉島の霊場 シルミチュー(シルミチュー霊場)は、神の島として知られる浜比嘉島にある霊場・聖地。島の南東の比嘉集落の南端、ビーチのすぐわきにある階段を108段上っていくと現れる洞窟は、琉球開闢

続きを読む

アマミチューの墓

浜比嘉島の聖地 神の島・浜比嘉島にある聖地「アマミチューの墓(アマミキヨの墓)」は、琉球開闢(かいびゃく)の祖神アマミチュー(アマミキヨ)の墓と伝えられる場所。浜比嘉島の東側に地元の人々には「アマンジ」とも呼ばれる岩屋の

続きを読む

斎場御嶽

琉球最高の聖地 御嶽(うたき)とは、琉球の神が居るもしくは降りてくるといわれる「聖地」「聖域」の総称。中でも斎場御嶽(せーふぁうたき)は国始めの七御嶽の一つともいわれる琉球で最も格式の高い聖地だ。「斎場(せーふぁ)」とは

続きを読む

忍野八海

富士山の湧泉 伝説によると、かつて、富士山の麓には宇津湖と呼ばれる巨大な湖があったという。9000年ほど前に富士山の溶岩流で谷がせき止められて生まれた堰止湖と呼ばれる湖だ。さらにその宇津湖が800年(延暦19年)の噴火に

続きを読む

延暦寺

天台宗総本山比叡山延暦寺 王城鎮護の山 京都と滋賀の国境、琵琶湖を見下ろすようにして聳えている比叡山は古来より、山岳信仰の対象として、人々の崇敬を受けてきた場所だ。比叡山は古くは「日枝山(ひえのやま)」と呼ばれ、「大山咋

続きを読む

玉城城跡

別名アマツヅ城とも呼ばれる玉城城跡は、南城市の海岸にほど近い場所にある。築城年は不明。沖縄を創った神「アマミキヨ」が築いたともいわれる伝説の城で、城壁などは、石の積み方などから12世紀から13世紀頃のものと推測されている

続きを読む

高野山金剛峯寺

日本有数の聖地 その場所は、地域全体が何か大いなるものに守られているような、厳かな「何か」に満ち満ちているような、穏やかな流れがあるようなそんな場所だ。それはきっと気のせいではない。ややもすれば、観光客や土産店の雑とした

続きを読む