煮ぼうとう

煮ぼうとう

具材の味が染み出した絶品郷土料理

煮ぼうとうは明治の実業家・渋沢栄一の出身地として知られる深谷の郷土料理。大きな鍋に出汁をはり、特産の深谷ネギのほか、季節の野菜を入れ、幅広の麺を投入して煮込む。生の麺をそのまま煮込むことによって、汁にとろみがつき、身体の芯から温まる一品となる。具材の味が染み出した汁とその旨みをしっかりと吸い込んだ麺の味は格別。この煮ぼうとうは、埼玉のほか、群馬の郷土料理としても知られる。小麦の生産が盛んで、小麦粉が手に入りやすかった土地ならではの名物料理だ。

Share