敦賀ムゼウム


写真提供:福井県観光連盟

1920年に日本赤十字社によりシベリアから救出されたポーランド孤児および、第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館で、領事代理を務めていた杉原千畝が自らの危険も顧みずに、ナチスに迫害されていたユダヤ人を救うために発給した「命のビザ」を手に、数多くのユダヤ人が敦賀港に上陸したことを記念して、杉原千畝の肉声や難民の残していった時計、「命のビザ」の複製など関連資料の展示を行っている。2008年3月29日に開館。

Japan web magazine’s recommend

地図

Share