熊野那智大社

熊野那智大社

熊野那智大社

どこまでも続く緑の海。溢れんばかりの生命の集合体にゆったりと包み込まれるような紀州熊野の、鬱蒼と生い茂る那智原始林の中に那智大社はある。

華厳滝、袋田の滝と共に「日本三名瀑」の一つに数えられる、高さ133メートルの「那智の滝」に対する自然崇拝を起源とする神社といわれ、周辺一帯は古くから山岳修行の聖地とされてきた。

熊野那智大社の創建は317年と伝わるが、本宮・新宮と共に「熊野三山」としてその名が広く知れ渡るのは、平安時代末期に「熊野詣」が盛んとなって以後の事。現代でも、この熊野の地にたどりつくのは中々容易ではないが、その当時、車などはもちろんなく、いわゆる「熊野古道」を何日もかけて歩いてくるしか方法はなかった。山道を歩き続けてようやくたどり着いた時、木々の中に突如現れるこの滝の存在は、まさに神の存在を感知するのに十分すぎるほどの圧倒的なものであったに違いない。

熊野那智の魅力をフルスクリーンで見る

熊野那智大社
熊野那智大社

   






熊野那智大社
熊野那智大社




熊野那智大社



熊野那智大社
熊野那智大社

青岸渡寺(せいがんとじ)

青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺
青岸渡寺

    

如法堂(大黒堂)

如法堂(大黒堂)

三重塔と那智の滝

三重塔と那智の滝

三重塔

三重塔

那智の滝

那智の滝

那智の滝

高さ133m、幅13m、滝壺の深さは10m。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名曝の一つに数えられる那智の滝。滝口の岩盤に二つのくぼみがあり水が三つの筋に分かれて流れ落ちる事から「三筋の滝」ともよばれている。

関連ページ:那智の滝

飛瀧神社(ひろうじんじゃ)

飛瀧神社(ひろうじんじゃ)

熊野那智大社の別宮、飛瀧神社の鳥居

那智の滝をご神体とする飛瀧神社(ひろうじんじゃ)。那智滝自体が御神体なので、本殿はない。拝殿もなく、拝所にて直接滝を拝むことが通常の参拝にあたる。御祭神は大己貴神。

青岸渡寺
青岸渡寺
熊野那智大社
熊野那智大社
熊野那智大社
熊野那智大社

Japan web magazine’s recommend

熊野那智大社

+-で地図を拡大縮小

Share