いらぎの干物(いらぎのみりん干し)

「いらぎ」とはサメのことで、イラギの干物は、紀伊半島沿岸部、特に熊野地方で昔からよく食べられてきた。捌いたサメ(主にヨシキリザメ)を醤油などで調味した味醂につけ天日で干すイラギの味醂干しは地元の居酒屋などでも供され、酒飲みの肴として愛される。味醂を使わずに干したイラギの塩干しもある。

この記事を書いた人

Toku

その場所に行ったら、見るべき場所、食べるべき料理・スイーツ、訪れるべきスポットなど、有名無名を問わず独断と多少の偏見と多分の好みを交えてご紹介します。好きなものはカレー、苦手なものは喧噪。

Toku の記事数 70 Toku の投稿一覧 See all posts by Toku

東京の桜 桜のある風景 六義園の桜の風景