岡城

岡の城・朝霞城

岡の城

埼玉県朝霞市岡にある岡城は、江戸城を築いたことで知られる室町時代の武将・太田道灌によって築かれたといわれる城だ。別名岡の城、朝霞城などとも呼ばれる。新河岸川の支流、黒目川沿いにある標高24.5メートルほど(比高約10メートル)の台地に築かれた比較的規模の大きい平山城だ。築城年等の詳細はわかっていないが、1457~1487年頃(長禄・文明年間)に太田道灌により築城されたというのが通説。太田康資の陣屋であったという説もある。主な遺構は土塁、空堀など。岡の城山として市民に親しまれてきた城跡は現在城山公園として整備され、近隣の人達の散策の場となっている。

   

Japan web magazine’s recommend

岡城

+-で地図を拡大縮小

Share