春の富士山 初夏の富士山

桜と五重塔と富士山 春の富士山桜と五重塔と富士山 春の富士山(4月中旬)

富士山が最も美しく見える季節はいつ?

今や世界にその名をとどろかせる富士の山。海から見ても、山から見ても、里から見ても、都市から見ても、その均整取れた優美な形は美しい。独立峰であるがゆえに周囲に視界を遮る山がなく、まさに孤高の存在として凛と聳えている。

そんなただでさえ美しい富士山が最も美しく見える季節は?というとそれは秋から冬。当サイトでも何度か取り上げているほか、他のサイトや雑誌、テレビなどでも言及されているので、知っている人も多いだろう。よく晴れて空気が澄んだ冬の日の富士山はとても美しい。雪をかぶった富士山が青空に映えて、高さだけではなく、その美しさも「日本一」の山の存在感はさらに際立つ。

もちろん春や夏の富士山もそれぞれに魅力があり、美しいことに違いはないのだが、独立峰である富士山は複雑な気流などの要因により、春から秋にかけてはその美しい姿を人々に見せる回数がめっきり減ってしまうのだ。春から夏の時期に富士山周辺を幾度か訪れたことのある方なら一度ならずとも思ったことがあるかもしれない。「こんな近くまで来たのに、姿すら見えないの?」と。

富士山のおひざ元である静岡県の富士宮市や山梨県の富士五湖周辺に在住の方に聞いても、特に夏場などは朝と夕の一瞬を除き、昼間は全くその姿を見ない日が何日もあるという。また見えたとしても少し霞んでいたりどこかしら雲がかかっていたりして、やはり冬のようなすっきり、くっきりとした富士山を拝める回数はそれほど多くない。必然的に富士山の全容が美しく見えるのは秋から冬ということになるのだ。

とはいえ、春や夏に富士山が綺麗に見えないわけではもちろんない。単に「見えにくい」というだけで、その姿さえ見せてくれれば、春には春の、夏には夏の趣があり、富士山の冠雪の具合に加え、それぞれの時期に咲く桜や菜の花などの花々や新緑の木々、たなびく雲の様子など、時期毎の美しさがある。というわけで今日は、(冬に比べるとそのレア度を少し増す)春から初夏にかけての富士山の美しい姿をお届けしよう。

春の富士山 初夏の富士山

菜の花と春の富士山菜の花と春の富士山

桜と富士山 春の富士山桜と富士山 春の富士山

桜と五重塔と富士山 春の富士山桜と五重塔と富士山 春の富士山

桜と富士山 春の富士山桜と富士山 春の富士山

桜と富士山 春の富士山桜と富士山 春の富士山

夕暮れの富士山 春の富士山夕暮れの富士山 春の富士山

春の朝の富士山春の朝の富士山

桜えびと富士山桜えびと富士山

さった峠から見る初夏の富士山さった峠から見る初夏の富士山

初夏の富士山初夏の富士山

富士市内から見る春の富士山富士市内から見る富士山

初夏の富士山 朝霧高原初夏の富士山 朝霧高原

初夏の富士山 朝霧高原初夏の富士山 朝霧高原

精進湖と春の富士山精進湖と春の富士山

精進湖と春の富士山精進湖と春の富士山

春の富士山御坂峠から見る春の富士山

春の富士山 新五合目富士山 新五合目(4月下旬)

春の富士山春の富士山

春の富士山春の富士山

春の富士山春の富士山

菜の花と春の富士山菜の花と富士山

藤棚と富士山藤棚と富士山

茶畑と初夏の富士山茶畑と初夏の富士山

初夏の富士山初夏の富士山

田貫湖と初夏の富士山田貫湖と初夏の富士山

初夏の富士山初夏の富士山

初夏の富士山初夏の富士山

初夏の富士山初夏の富士山

初夏の富士山初夏の富士山

鯉のぼりと富士山鯉のぼりと富士山

Share