• Home »
  • News & Events グッズ »
  • 【ホテル日航奈良】春日大社第六十次式年造替記念 奈良にシカない!白い鹿の『すがちゃん』マスコット

【ホテル日航奈良】春日大社第六十次式年造替記念 奈良にシカない!白い鹿の『すがちゃん』マスコット

main

sub1

ホテル日航奈良では、2014年12月1日(月) より、春日大社第六十次式年造替記念 奉祝行事実行委員会との共同企画で、白い鹿の『すがちゃん』マスコットを販売している。

2015年より20年に一度の式年造替が始まる春日大社。式年造替の期間中は、様々な行事や関連イベントなどが行われるため、沢山の観光客が奈良を訪れる。ホテル日航奈良と奉祝行事実行委員会では、そんな観光客にさらに楽しんでもらえることはないかと検討した結果、旅の思い出と共に「ここにしかないもの」を持ち帰ってもらえるよう、オリジナルの鹿マスコットを作成し販売することになった。

sub2

春日大社は今からおよそ1300年前、遠く鹿島神宮から白い鹿にのって武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が、御蓋山(ミカサヤマ)に降り立ったという御由緒があることから、マスコットは白い鹿に決定。名前は、「すがすがしい」「清らか」という意味の「すが」に接続詞の「か」がついたといわれる「春日」の語源にちなんで『すがちゃん』にした。

携帯電話やバッグなどにつけられるようなサイズや、つぶらな黒い瞳、優しい手触りなど、細部に至るまでこだわっており、特に、背中にある5つの斑点をベージュにし、ひとつだけ「かくしハート」にしたところは最大のポイント。春日大社がいつも『国の平和』を願うお社であるという意味と、ご祭神の第三殿の天児屋根命(アメノコヤネノミコト)様と第四殿の比売神(ヒメガミ)様がご夫婦であることや、境内に日本で唯一ご夫婦の大国様をお祀りしている夫婦大国社があることから『良縁』という意味も込められている。

Japan web magazine’s recommend

※式年造替とは、定まった一定の年限に社殿を造り替え、神さまのお住まいを新たにすること。神さまの尊さを再認識し、次世代へ伝え継ぐ行事。春日大社では、768 年の創建以来1200 年にわたってほぼ20年に一度繰り返し行われている。※神さまがお引越しされることを「遷宮」というが、春日大社では本殿の位置は変えずに建て替え、または修復を行うため「造替」という。
2015 年3 月37 日 仮殿遷座祭(かりでんせんざさい/ 神さまに西隣の移殿(うつしどの)へ一時お遷り頂く)
2016 年11 月6 日 本殿遷座祭(ほんでんせんざさい/ 本殿の修復後、元の本殿にお還り頂く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇ホテル日航奈良について◇

sub3

ホテル日航奈良は、2005年7月1日に三井ガーデンホテルからリブランド開業。330室の客室、大小8つの宴会場、レストランなどを完備する奈良最大級のホテル。JR奈良駅直結で、東大寺や奈良公園など観光地までも徒歩圏内という便利な立地。東側の客室からは若草山や興福寺の五重塔などが望める。

住所:630-8122 奈良市三条本町8-1 最寄駅:JR奈良駅西口直結・近鉄奈良駅より徒歩12分
URL:http://www.nikkonara.jp

Share