全国のお餅を応援する「もちくん」って?

mochi

皆さんはお餅はお好きですか?正月にお雑煮で頂くお餅や、お汁粉のお餅。大根おろし、納豆、小豆あん、みたらし、砂糖醤油、きな粉、海苔等、様々なもので和えたりからめたり、うどんの上にトッピングしたり。一口に「お餅」といっても、甘いもの、しょっぱいもの、食事、おやつ、色々な食べ方がありますね。

かわったものでは、小エビをまぶした餅や、ぶどうを一粒くるんだ餅、テレビでも紹介されて話題となったバター餅なんていうのもあります。地域や家庭、季節により、野菜や海草、落花生、草木の実などを入れたりもします。古くから食べられ、日本のソウルフードの一つともいえるお餅は、実にたくさんの種類があります。日本各地の家庭や道の駅などを訪れると、その多様性に驚かされることもしばしば。シンプルで、白くて柔らかなイメージのお餅も、実はとっても奥が深いんですね。

bekomochi
べこ餅
unnamed

今日はそんな日本各地のお餅を応援・紹介しながら、活躍している「もちくん」をご紹介します。

「四季折々の自然や伝統行事を大切にする日本の暮らし」をコンセプトに、普段のおかずやおやつとして食べられている一方で、ハレの日や人生の節目などにも食べられる、日本人にとって「特別な食べ物」でもあるお餅を、親しみやすい文章と写真で紹介しているんです。なんといっても見た目がキュート☆

1

「もちくん」以外にも「もちちゃん」「おはぎ」「ぼたん」「よもぎざむらい」「さくらねえ」「かしわにい」など、見ているだけで思わず「にんまり」なってしまうキャラクターたちが、全国各地の餅文化、変わり餅、餅にまつわる話など、目くるめく日本のお餅ワールドを紹介しています。

皆さんもよかったら、「もちくん」と仲間たちを応援してあげてくださいね!
そして、旅や仕事で日本のどこかを訪れたら、その地域ならではのお餅を見つけて楽しんでみてください!

Share