赤門

赤門

旧加賀藩主前田家上屋敷 御守殿門

安田講堂と並んで、日本の最高学府・東京大学のシンボルとして知られる東大の赤門。本郷通りに面し、東大からのテレビ中継などではこの門が映されることも多く、現在ではすっかり東大の顔としてのイメージが定着しているが、この赤門、元は旧加賀藩主前田家上屋敷の御守殿門(*)だったものだ。

(*)御守殿門(ごしゅでんもん)というのは、丹塗りにした門で、江戸時代に三位以上の大名に嫁いだ徳川将軍家の娘の敬称(または居住する奥御殿)である「御守殿」の為に作られた特別な門のこと。

東京大学の本郷キャンパスには、かつて加賀藩の江戸屋敷があった。赤門はその敷地の一角に、1827年(文政10年)、加賀藩13代藩主前田斉泰が、第11代将軍徳川家斉の娘・溶姫(やすひめ)を正室に迎えるに際して、将軍家から嫁を迎える時の慣例にしたがい御守殿門として建立したものだ。赤門は一度焼失してしまうと再建されないというのが慣習で、前田家は加賀鳶(かがとび)と呼ばれる江戸藩邸で抱えていた各自火消(大名火消)でこの門も守っていたという。

建築様式は、切妻造りの薬医門、左右に唐破風の番所が置かれ、屋根の上部の棟瓦には葵の紋が、軒の丸瓦には前田家の家紋「幼剣梅鉢(ようけんうめばち)」が刻まれている。1961年(昭和36年)には解体修理が施され、国の重要文化財にも指定されている。

上野の国立博物館敷地内にある旧因州池田屋敷表門(通称「黒門」)と共に、江戸期の大名屋敷の雰囲気を今に伝える貴重な建築物だ。

赤門
赤門
赤門
赤門赤門
赤門
赤門
赤門
赤門
赤門
赤門

雪の赤門

Memo

東大赤門のほか、和歌山城追廻門や名古屋城の三の丸清水口の赤門(泰岳寺に移築)などが、赤門として知られている。

Japan web magazine’s recommend

赤門

+-で地図を拡大縮小

Share