さめのたれ

さめのたれ

伊勢の郷土食

伊勢地方の郷土食であり、伊勢神宮のお供え物(神饌)としても用いられるのが「さめのたれ」だ。「タレ」と言ってもいわゆる焼肉などの「タレ」とは関係なく、わかりやすく言えば「サメの干物」のことで、サメの身を天日に干したその姿が垂れていることから「サメの垂れ」→「サメのタレ」と呼ばれるようになったといわれるもの。かまぼこなどの魚介加工品の原料としては使われるものの、サメをそのまま食べるのは全国的に見ても珍しいが、伊勢地方ではご飯のおかずや酒のつまみとして、ごく普通に食べられている身近なものだ。

サメは主に紀州近海で獲れるアオザメ(イラギ)、ヨシキリザメ、オナガザメ、シュモクザメ、ドチザメなどが使われ、捌いて切り分けた身を塩などで味付けをし、乾燥、天日干しして作られる。元々は塩だけで作っていたが、大正時代頃から味醂を使用したものも作られている。

さめのたれの頂き方・購入できる場所・食べられる場所

さめのたれは、適当な大きさに切り、炭火などで炙っていただく。芳ばしい香りがしてこんがり焼け目がついたら食べ頃だ。サメでイメージするような臭みはなく、例えるならばタラの干物のような、さっぱりと淡白な味。それでいて、じんわりと口の中に旨みが広がっていく。一も二もなく日本酒とベストマッチ。少し辛口の日本酒がよく合う。滲みだす旨みと香りが酒で倍化するのだ。塩味がやや強いので、ご飯にもとてもよく合う。

さめのたれは、神宮内宮脇のおはらい町の土産物店や、SA、道の駅などで売っているほか、伊勢や松阪の飲み屋さんにもつまみのメニューとして置いてある。

Share