二条城

二条城

元離宮二条城

二条城は徳川家康が築城を命じ、1603年に完成した。その後家光により拡張工事が行われ、現在の規模となる。慶長から寛永時代の建築、絵画その他の様式を各所に垣間見ることが出来る城である。途中、将軍が入城することもない時代が続き、落雷で五層の天守も燃えてしまったが、徳川幕府を開いた家康が将軍宣下の儀式を執り行い、徳川最後の将軍慶喜が大政奉還をした、日本の歴史上重要な意味を持つ城でもある。1994年(平成6年)には「古都京都の文化財」の1つとして世界文化遺産に登録されている。また二の丸御殿庭園は国の特別名勝の指定を受けている。

二条城
二条城
二条城二条城二条城
二条城
二条城
二条城二条城
二条城
二条城
二条城
二条城
二条城
二条城

二条城

二条城
二条城
二条城二条城二条城
二条城二条城

    

二条城
二条城
二条城
二条城二条城

Japan web magazine’s recommend

二条城

+-で地図を拡大縮小

Share