日本の絶景を探して 岩国城から見る風景 山口県岩国市

素晴らしい風景を求めて日本各地を旅するシリーズ「日本の絶景を探して」 今回は日本三名橋の一つで国の名勝にも指定されている「錦帯橋」を見下ろす山の上に立つ岩国城を訪れます。 岩国城からの眺め お城から見る錦帯橋と瀬戸内海

続きを読む

秋芳洞

国内最大級の鍾乳洞 秋吉台の地下100メートル~200メートルほどの場所に広がる国内でも最大規模の鍾乳洞。 日本最大のカルスト台地・秋吉台は、およそ3億5千万年~2億3000万年前に、海底のサンゴ礁だった場所が、地殻変動

続きを読む

秋吉台

山口県中部の美祢市、中~東部にある秋吉台は、総面積130平方キロメートル、東西17キロメートル、南北8キロメートルの範囲に渡って広がる日本最大のカルスト台地。カルスト台地とは、水に溶けやすい石灰岩などの岩石でできた台地が

続きを読む

福徳稲荷神社

福徳稲荷神社 絶景の稲荷神社 玄界灘と並ぶ日本有数の漁場として知られる響灘。玄界灘に隣接し、関門海峡北西、北九州と山口県に挟まれたエリアだ。山口県側には本州最西端毘沙の鼻があり、夕日の美しい風光明媚な海岸が続く。その中ほ

続きを読む

須佐 ホルンフェルス

萩市から車で1時間ほど北東に行った場所にある須佐ホルンフェルスは、まるでケーキのような綺麗な縞模様の入った断崖。 ホルンフェルスとは、火成岩、堆積岩などの岩石がマグマなどの熱の作用により変成を受けて出来上がった「変成岩」

続きを読む

山口県護国神社

山口県護国神社 吉田松陰、久坂玄瑞、大村益次郎、高杉晋作ら、山口県(長州藩)にゆかりのある幕末の志士をはじめ、その後に勃発した事変や戦争など、国難に殉じた英霊を祀っている神社。創建は1939年(昭和14年)で、翌々年の1

続きを読む

萩城下町 萩の古い街並み

幕末から明治にかけて活躍した多くの志士を排出した萩は、かつて長州藩の本拠地であったところだ。萩城跡を中心に、日本の道100選に選定された菊屋横町、伊勢屋横町、江戸屋横町など、城下町ならではの風情ある町並みが今も残る。高杉

続きを読む

錦帯橋

日本を代表する木橋 清らかな錦川の流れにかかる五連のアーチ橋は、美しい姿で静かに佇んでいた。それは清楚で無駄のないシンプルな存在感。石組みの橋脚と木組のアーチリブが見事なバランスで画を描いている。そう、それはまるで一枚の

続きを読む

萩城跡

萩城(はぎじょう)は、1604年(慶長9年)に毛利輝元により築かれた城。城が築かれた指月山に因み、別名・指月城(しづきじょう)とも呼ばれる。 徳川家康に敵対した毛利家は、関ヶ原の戦いの後、家康により改易となりそうになった

続きを読む