萩城跡

萩城(はぎじょう)は、1604年(慶長9年)に毛利輝元により築かれた城。城が築かれた指月山に因み、別名・指月城(しづきじょう)とも呼ばれる。 徳川家康に敵対した毛利家は、関ヶ原の戦いの後、家康により改易となりそうになった

続きを読む

明倫館

明倫館は、桂小五郎、吉田松陰、高杉晋作、井上馨らが学んだ長州藩の藩校跡。水戸の弘道館、岡山の閑谷学校、鹿児島の造士館などと並び称される、国内でも有数の規模を誇った藩校であった。 創設は1719年(亨保4年)。五代藩主・毛

続きを読む

松陰神社

長州藩士にして、思想家であり、教育者として数多くの幕末の志士に影響を与えた吉田松陰を祀る神社。萩市民には学問の神として親しまれ、崇敬を受けている。 1890年(明治23年)に、松陰の実家・杉家旧宅の敷地に松陰の兄・杉民治

続きを読む

松下村塾

松下村塾は幕末期に吉田松陰が教鞭をとったことで知られる私塾。高杉晋作を初めとする、その後の日本の改革で大きな働きをする人材を多く輩出した。吉田松陰の叔父・玉木文之進が1842年(天保13年)に自宅で開塾。松蔭自身もここで

続きを読む