糸数城

沖縄本島南部の南城市糸数にある糸数城(いとかずぐすく・いとかずじょう)は、琉球の戦国時代(中山国(浦添王朝)、南山国、北山国の三国が分立して覇を争っていた三山分立時代)の初期(14世紀前半頃)に築城されたと推測されている

続きを読む

首里城

琉球国王の居城 琉球王国の政治、外交、文化的中心であった首里城は、1429年から1879年までの450年間に渡り琉球王国の国王の居城であった城だ。築城年代は定かではないが、発掘調査などで、14世紀の末頃までには築かれてい

続きを読む

今帰仁城跡

北山王の居城 1月に咲くカンヒザクラ(寒緋桜)の名所としても名高い今帰仁城跡は、14世紀、琉球王国成立以前にこの地に存在した北山の国王「北山王」の居城であった場所だ。北山王はこの城を拠点に、沖縄本島の北半分を支配し、中国

続きを読む

中城城跡

名築城家護佐丸の築いた城 14世紀中頃先中城按司(さちなかぐずくあじ)によって基礎が築かれたと伝えられる城。その後、阿麻和利の動向を監視するために、琉球王朝の命を受けた護佐丸が座喜味城から移り住み、三の郭と北の郭を増築し

続きを読む

座喜味城跡

沖縄最古のアーチ型石門 別名「読谷山城」と呼ばれる座喜味城は沖縄県中頭郡読谷村にあった城(グスク)。 1416年から1422年にかけて、琉球王国の按司・護佐丸(ごさまる)によって築かれたといわれている。護佐丸は当初、座喜

続きを読む

勝連城跡

阿麻和利の城 中城湾と金武湾の間に位置する勝連半島の付け根部分、両湾を見渡すことのできる標高約60メートル~100メートル程の丘に築かれた勝連城(かつれんぐすく)は、13世紀から14世紀にかけて築城されたといわれる城だ。

続きを読む