雪の函館山

函館山

北海道外の人の中には、冬の北海道はどこも雪に覆われ真っ白なイメージ、という人もいるかもしれないが、九州と四国を合わせた面積よりも広大な北海道は、場所によって気候や天候が大きく異なる。世界地図で見るとヨーロッパやロシア、中国、北アメリカなどの内陸部では冬の寒さが厳しいように、北海道の内陸部は、冬は極寒で雪も沢山積もるという場所も多い。

それに対して沿岸部、特に太平洋に面している長万部や苫小牧、室蘭といった地域では、道内の他地域で積雪が沢山ある時でも雪があまりない場合も多い。例えば、雪の多い地域として知られる音威子府や名寄で1メートル以上の積雪がある時でも、室蘭では積雪が数cm、なんてことも普通にあるのだ。

(関連リンク:北海道の積雪状況 札幌管区気象台ホームページ(外部リンク))

道南の函館も北海道の中では雪の少ない地の一つ。札幌が雪で覆われているような時でも、積雪が殆どないことも珍しくない。

そんな函館の町が雪で覆われた或る日の函館山の風景。これから、また一雪(ひとゆき)来そうな気配を見せる灰色の雲が垂れ込め、その下を幾隻もの船が行きかう。夜景の美しい「夜の函館山」も魅力だが、真っ白な港町・函館を上から眺めることの出来るこんな日の函館山もまた魅力的だ。

撮影場所

Share