富山ブラック

真っ黒い色をしたスープが特徴の富山ブラック(富山ブラックラーメン)は、富山市で食べられているご当地ラーメン。富山名物のラーメンだ。

はじめてスープを一口味わった時には、通常のラーメンよりも随分と塩気が強いことに驚くかもしれない。それもそのはず。1955年頃より提供されているというこのラーメンは、汗を沢山かく肉体労働者の塩分補給や、食欲旺盛な若者のために、醤油を濃い目にして作られたラーメンが発祥といわれる。

しかし、食べ進めているうちに気が付くだろう。

塩気の中にある旨味、味わいに。そうしてこの特徴的なラーメンは次第に地元の人々の舌と心をつかみ、常連客が増えていった。客が白飯を持ち込んで、しょっぱめのスープと共にご飯も一緒に食べる、というスタイルが定着し、今ではラーメンと共にライスを注文する地元の人も多いという。

富山ブラックの提供店として、富山ブラックの発祥とされる「大喜」の流れをくむ「西町大喜」に加え、「麺家いろは」「万里」「喜八」「ぼんてん」などが挙げられる。富山を訪れたら是非一度は味わってみて頂きたい「富山グルメ」の一つだ。

Share