瑞巌寺 伊達正宗ゆかりの宮城・松島の名刹

瑞巌寺

臨済宗妙心寺派の寺院

瑞巌寺は、日本三景の一つ松島にある臨済宗妙心寺派の寺院。寺名は「松島の サーヨー 瑞巌寺ほどの~」の斎太郎節の歌詞でも御馴染みだ。そもそも松島の地は、「奥州の高野」とも呼ばれた聖地・霊場・修行の場であったともいわれ、瑞巌寺境内にもその雰囲気を感じさせる遺構が点在している。古くは「延福寺」と呼ばれた瑞巌寺は元々天台宗の寺院として828年(天長5年)、慈覚大師円仁が開山したと伝えられており、この天台宗延福寺は400年ほど後には廃れ、1259年(正元元年)禅宗である臨済宗円福寺となる。さらに1609年(慶長14年)、関が原の戦いを終えて藩内の神社仏閣の整備造営に力を入れた伊達政宗の庇護を受け、臨済宗瑞巌寺となった。本堂、御成玄関、庫裡、回廊は国宝、御成門、中門、太鼓塀、五大堂などが国の重要文化財にそれぞれ指定されている。

瑞巌寺
瑞巌寺

瑞巌寺五大堂

瑞巌寺瑞巌寺瑞巌寺
瑞巌寺瑞巌寺
瑞巌寺瑞巌寺瑞巌寺
瑞巌寺
瑞巌寺
瑞巌寺
瑞巌寺

Japan web magazine’s recommend

瑞巌寺

+-で地図を拡大縮小

Share