原城跡~長崎切支丹哀史「島原の乱」と「原城」~

長崎の教会群とキリスト教関連遺産 長崎切支丹哀史「島原の乱」と「原城」 長崎県 人は幸せを求める。 この世に生を受け、そして命が尽きるまで。幸せになりたいと願い、幸せでありたいと願う。それはとても自然なことだろう。生命の

続きを読む

宝亀教会

丘の上から 長崎県平戸市 平戸島。国道383号線を平戸大橋から30分ほど南下する。宝亀集落手前を右折、細い道をくねくねとのぼっていく。色とりどりの花がそこかしこに咲き乱れ、青々とした緑が目に優しい。平和でとても美しい場所

続きを読む

大浦天主堂

温かき微笑み 大浦天主堂には有名な信者発見の逸話がある。 1865年(慶応元年)3月17日のこと。出来たばかりの洋風のお寺「フランス寺」を一目見ようと訪れていた大勢の訪問客にまぎれて、長崎は浦上の女性3人がやってきた。そ

続きを読む

大野教会堂

山あいの静かな教会 長崎県長崎市下大野町 長崎市内から車でおよそ50分、夕日の美しい事で知られる角力灘に面した海岸沿いを走る国道202号を右に折れ、しばらく細い道を上って行くと、進行方向左側の一段高い場所にこじんまりとし

続きを読む

貝津教会

窓から差し込む瑠璃色の陽光 長崎県五島市 貝津教会の会堂内に足を踏み入れると、なんとも言えぬ懐かしい匂いがした。それは子供の頃に母の故郷でかいだ匂いだ。木と埃と、雨の後の命色めきたつような膨よかな香りが入り混じった匂い。

続きを読む

原城跡

島原の乱の舞台となった城 原城は、島原半島南部にある島原湾に面した小高い丘陵にあった城。1496年(明応5年)、肥前の戦国大名・有馬貴純によって日野江城の支城として築城された城だ。別名「日暮城」。有馬氏の後に島原藩主とな

続きを読む

その他の主な長崎の教会群とキリスト教関連遺産

その他の主な長崎の教会群とキリスト教関連遺産 長崎の教会群とキリスト教関連遺産のページに戻る 江袋教会 五島 旧鯛之浦教会 五島 冷水教会 五島 青砂ヶ浦教会 五島 旧五輪教会 五島 福見教会 五島 大曽教会 五島 土井

続きを読む

島原城

菖蒲の咲く城 島原城(森岳城) 綺麗な水辺に菖蒲の花が咲き乱れ、うっそうと茂った緑が石垣を覆っている。 行き会う人々は挨拶を交わし、立ち止まって世間話をする。 その脇をジョギング姿の人たちが駆け抜ける。 朝の柔

続きを読む

江迎本陣跡

松浦公本陣屋敷 平戸から佐世保を経て長崎街道へと合流する、江戸時代に整備された街道の一つ平戸往還(平戸街道)には本陣が6か所設けられていた。そのうちの一つがここ江迎宿の江迎本陣。平戸藩主の参勤交代等の際、往路の第一夜、帰

続きを読む