松下村塾

松下村塾

松下村塾は幕末期に吉田松陰が教鞭をとったことで知られる私塾。高杉晋作を初めとする、その後の日本の改革で大きな働きをする人材を多く輩出した。吉田松陰の叔父・玉木文之進が1842年(天保13年)に自宅で開塾。松蔭自身もここで学んでいる。1856年(安政3年)から1859年(安政6年)は、松陰が実家杉家邸内の納屋を増改築して続けた。士農工商の身分の区別なく学べたのが特徴で、高杉晋作のような士族の子弟はむしろ珍しく、近隣の青年たちが多かったという。松蔭神社内にあり外観は自由に見学できる。

この記事を書いた人

Toku

その場所に行ったら、見るべき場所、食べるべき料理・スイーツ、訪れるべきスポットなど、有名無名を問わず独断と多少の偏見と多分の好みを交えてご紹介します。好きなものはカレー、苦手なものは喧噪。

Toku の記事数 70 Toku の投稿一覧 See all posts by Toku

東京の桜 桜のある風景 六義園の桜の風景