建長寺

建長寺

臨済宗建長寺派の大本山

建長寺は、1253年(建長5年)、鎌倉幕府五代執権・北条時頼によって創建された禅宗の寺院。臨済宗建長寺派の大本山であり、巨福山建長興国禅寺という詳名を持つ。南宋(中国)の五山制度(寺の格付け制度)を取り入れ、鎌倉の寺社を格付けした「鎌倉五山」の第一位の寺院。

栄西が宋から持ち帰った禅宗は鎌倉の武士達に信仰され幕府の厚い庇護を受け、各地に広まっていった。北条時頼も禅宗を信仰する熱心な仏教徒であったといい、国の興隆と北条家の菩提の為に中国より名僧として知られた蘭渓道隆を招き建立した。本尊として地蔵菩薩を祀っている。日本で初めて開かれた禅宗の寺院であり、往時には1000人を超す修行僧が居たという。

建長寺
建長寺
建長寺

建長寺山門(三門)。高さ約30メートル。1775年( 安永4年)に再建された重層門で、楼上には五百羅漢像が奉られている。

建長寺
建長寺
建長寺
建長寺

     

建長寺
建長寺
建長寺
建長寺

     

建長寺
建長寺

建長寺

   

建長寺
建長寺

     

建長寺建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺

 

建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺建長寺
建長寺建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺
建長寺

Japan web magazine’s recommend

+-で地図を拡大縮小

Share