富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場と絹産業遺産群

日本初の本格的機械製糸工場

群馬県富岡市にある富岡製糸場は、1872年(明治5年)にフランスの技術を導入して開業した日本初の本格的機械製糸工場。

現在、工場は操業していないが、敷地内に開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。

江戸時代末期~明治時代にかけて、西洋から続々と新しい知識と技術が流入した中、日本の近代化に大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡(2005年)に、初期の主要な建造物群(建築物7棟、貯水槽1基、排水溝1所)が「旧富岡製糸場」として重要文化財(2006年)に、さらに「旧富岡製糸場」の内、「繰糸所、東・西置繭所」の3棟が、2014年に国宝に指定されている。また、2014年6月には、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として伊勢崎市に残る「田島弥平旧宅」、藤岡市の「高山社跡」、下仁田町の「荒船風穴」と共に、世界遺産に登録された。

富岡製糸場と絹産業遺産群富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場と絹産業遺産群の魅力をフルスクリーンで見る

富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群富岡製糸場と絹産業遺産群富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群富岡製糸場と絹産業遺産群富岡製糸場と絹産業遺産群富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群
富岡製糸場と絹産業遺産群

Japan web magazine’s recommend

富岡製糸場と絹産業遺産群

+-で地図を拡大縮小

Share