高岡城

高岡城

高岡の城

高岡城は現在の富山県高岡市にあった城で初代加賀藩主・前田利長によって築かれた。築城年は1609年(慶長14年)。本丸、二の丸、三の丸、明き丸、鍛冶丸からなり、総面積約21万㎡(71,261坪)という広大な縄張りを持つ城であったが、築城から僅か数年後の1615年(元和元年)、一国一城令により未完成のまま廃城になった。城跡は明治期に高岡古城公園として市民に解放され、春は桜(23種約2700本の桜が咲き誇る。日本さくら名所100選)、秋は紅葉の名所として親しまれている。2006年には100名城の一つに選定されている。

高岡城

Japan web magazine’s recommend

高岡城

+-で地図を拡大縮小

Share