阿尾城

阿尾城

立山連峰を望む城

阿尾城は富山湾に突き出した岬の小高い丘の上に築かれた城。氷見城、青城、青生城、青野城、英遠城、阿波城、阿生城、磯部城、岩崎城などの別名を持つ。三方を海に囲まれた断崖絶壁の天然の要害で、晴れた日には海の向こうに立山連峰を望む事も出来る。築城年は不詳だが、天正年間(1573~1592)には、上杉謙信の家臣であり、その後加賀前田家の家臣となる菊池氏が居城した。江戸時代に入り、一国一城令により廃城となる。現在城跡は白峰社、榊葉乎布神社となっている。

阿尾城
阿尾城
阿尾城
阿尾城

Japan web magazine’s recommend

阿尾城

+-で地図を拡大縮小

Share