角館火振りかまくら

kakunodate
写真提供:角館町観光協会

国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている、昔ながらの伝統的で美しい街並みで知られる仙北市角館町で、例年2月13日、14日に行われる「角館火振りかまくら」は、角館の冬の風物詩として知られる小正月の行事。

この400年以上の歴史を持つといわれる伝統行事は、雪で作られた「カマド」にマキを入れて燃やすことから始まる。高さ5メートルほどにもなる長木に、稲ワラなどを巻き付けて作られる「天筆」に火をつけ、正月の松飾やお札、門松などを焚き上げ、一年の無病息災を祈願する。

「火振り」は、炭俵に1~1.5メートルほどの縄を結び付け、カマドでおこした火を炭俵につけ、縄の先端を持って自分の体の周囲を、円を描くようにグルグルと振り回す。そうすることにより、火で自分の体を清め、家内安全、無病息災を祈願し、田んぼの厄を払う。雪深い場所として知られる地域の幻想的な行事。

夜店なども出店するほか、花火の打ち上げなどもある。ミニかまくらや、雪灯籠の美しさも必見。

Japan web magazine’s recommend

関連商品

この記事を書いた人

Japan Web Magazine 編集部

日本のおいしい食べ物、素敵な場所、いいモノ、いいコトなどをご紹介します。

Japan Web Magazine 編集部 の記事数 1752 Japan Web Magazine 編集部 の投稿一覧 See all posts by Japan Web Magazine 編集部

Avatar photo