手賀沼

手賀沼は我孫子市、柏市、印西市、白井市にまたがる面積約6.5平方キロメートル、周囲38キロメートルの沼。南と北に分断されているがかつては一つの大きな沼だった。干拓事業によって約8割の水域が消滅している。江戸時代にはコイやウナギなどが多く取れ、江戸でも食されていたという。現在も我孫子駅から手賀沼にかけてのエリアに老舗のうなぎ屋、川魚料理屋が点在する。

沼には葦、マコモ、ヒメガマなどの水生植物が生え、コイやフナが生息、カワウ、コサギ、ゴイサギ、ダイサギ、マガモ、カルガモ、ユリカモメなどの水鳥も多くみられる。

関連リンク

Share