村山浅間神社

村山浅間神社

富士根本宮

明治維新後の廃仏毀釈や登山道の付け替えなどにより、往時の勢いこそ失ってはしまったが、かつて村山口富士登山の拠点として、多くの富士道者(登山者)を集めていた村山浅間神社は、平安時代末期に末代上人によって山岳信仰の地として開かれた伝えられる神社だ。富士山を霊山とし、崇敬参拝する富士講が生まれたのもこの地といわれ、富士修験の中心として次第に定着、発展していった。駿河の大名、今川氏にも崇敬され、最盛期には本宮浅間大社に匹敵するほどの勢力をもっていたという。境内には大日堂をはじめ、水垢離場や護摩壇等が残る。

Japan web magazine’s recommend

村山浅間神社

+-で地図を拡大縮小

Share