園比屋武御嶽石門

園比屋武御嶽石門

礼拝所

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)は1519年に第二尚氏王統第三代王尚真王時代に築かれた門で、園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)の礼拝所として使用された場所。守礼門と首里城の正門である歓会門の間にある。かつてはこの園比屋武御嶽石門の後ろに御嶽(うたき)の広大な森が広がっていた。御嶽(うたき)とは沖縄の「聖地」「聖域」のことで、園比屋武御嶽石門は歴代の琉球国王が首里城を出て各地を巡る際に道中の安全などを祈願して必ず拝礼したと伝えられる場所だ。琉球王朝に命じられて鄭秉哲が編集した琉球各地の名所旧跡、御嶽、儀礼や官職、諸事の由来、年中行事などを記した地誌「琉球国旧記」には「この神に祈れば必ず己に応ず」と書かれており、現在でも沢山の人が拝礼に訪れる。

Japan web magazine’s recommend

園比屋武御嶽石門

+-で地図を拡大縮小

Share