旧風間家住宅 「丙申堂」

20080810_IMG_9999_478

山形県鶴岡市にある旧風間家住宅 「丙申堂」は、江戸時代に鶴岡城下で呉服屋を営み、御用商人として幕末には鶴岡一の豪商ともいわれた風間家が、1896年(明治29年)、風間家七代当主・幸右衛門の代に、住居兼店舗として築いた家屋。明治29年が丙申の年であったことから、「丙申堂」と呼ばれている。

建物は、かつて武家屋敷があった場所に建てられており、敷地には約200年程前に建てられた薬医門なども残り、城下一といわれた豪商・風間家の繁栄ぶりが随所に見てとれる。

20080810_IMG_9999_487

20080810_IMG_9999_495

20080810_IMG_9999_496
特徴的な石置屋根。約4万個の石が置かれている。

20080810_IMG_9999_497

20080810_IMG_9999_498

20080810_IMG_9999_500

20080810_IMG_9999_505

20080810_IMG_9999_380

20080810_IMG_9999_381

20080810_IMG_9999_383

20080810_IMG_9999_386

20080810_IMG_9999_388

20080810_IMG_9999_393

20080810_IMG_9999_404

20080810_IMG_9999_409

20080810_IMG_9999_414

20080810_IMG_9999_415

20080810_IMG_9999_428

20080810_IMG_9999_433

20080810_IMG_9999_435

20080810_IMG_9999_439

20080810_IMG_9999_444

20080810_IMG_9999_446

20080810_IMG_9999_448

20080810_IMG_9999_459

20080810_IMG_9999_468

20080810_IMG_9999_471

20080810_IMG_9999_480

20080810_IMG_9999_365

20080810_IMG_9999_367

20080810_IMG_9999_510

20080810_IMG_9999_519

20080810_IMG_9999_530

20080810_IMG_9999_533

20080810_IMG_9999_539

20080810_IMG_9999_540

20080810_IMG_9999_542

20080810_IMG_9999_543

20080810_IMG_9999_546

Memo

映画のロケ地
第29回日本アカデミー賞を総なめにした藤沢周平原作、市川染五郎主演の映画「蝉しぐれ」(2005年10月公開)の中で、文四郎(市川染五郎)とおふく(木村佳乃)の再会シーンが、風間家住宅の小座敷で撮影された。障子のそばにそっと座り、藤沢作品の中でも特に名作の誉れ高い「蝉しぐれ」の清楚で美しい世界に浸ってみるのも楽しい。

Japan web magazine’s recommend

地図

Share