報国寺

報国寺は、鎌倉幕府の御家人で、足利尊氏の祖父である足利家時によって創建された(南北朝期の上杉重兼の説もあり)といわれる禅寺。本堂裏手には孟宗竹の見事な竹林が広がり「竹の寺」として知られる。 隅々まで手入れの行きとどいた境

続きを読む

鎌倉宮

神奈川県鎌倉市に鎮座する鎌倉宮は、1869年(明治2年)に明治天皇により創建された神社。別名・大塔宮と呼ばれる。 太平記でその名を知られる護良親王(もりながしんのう)を主祭神とする。護良親王は後醍醐天皇の皇子で、鎌倉幕府

続きを読む

大巧寺

「おんめさま」で知られる大巧寺は、鎌倉駅からすぐの場所にある寺院。正式名を「長慶山 正覺院 大巧寺」という。 もともとは、大行寺という名の真言宗の寺院で十二所にあったが、ある時、源頼朝が戦いの際にこの寺で軍議を行い、その

続きを読む

杉本寺

鎌倉最古の寺 杉本観音とも呼ばれる杉本寺は、734年(天平6年)行基によって創建されたと言われる鎌倉最古の寺。坂東三十三箇所・鎌倉三十三箇所の第1番札所として、古くより数多くの巡礼者を迎え入れてきた。行基が手ずから彫った

続きを読む

宝戒寺

「萩の寺」 秋になると境内を埋める200株もの萩(白萩)の花が美しく、別名を「萩の寺」と呼ばれる宝戒寺は、JR鎌倉駅から15分ほどの場所にある天台宗の寺院。本尊は地蔵菩薩。伝承によれば、鎌倉幕府滅亡後の1335年(建武2

続きを読む

荏柄天神社

JR鎌倉駅から徒歩23分、鶴岡八幡宮から徒歩10分、神奈川県鎌倉市二階堂に鎮座するのが、荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)。古くは荏柄山天満宮とも称された。 創建は1104年(長治元年)と伝えられ、源頼朝が鎌倉に幕府を開い

続きを読む

安国論寺

安国論寺は、神奈川県鎌倉市大町にある日蓮宗の寺院。この寺の境内にある洞窟「御法窟」で、日蓮が前執権で幕府最高実力者の北条時頼にむけ「立正安国論」を執筆したという古刹。長勝寺・妙法寺と共に、日蓮が鎌倉でおこなった布教活動の

続きを読む

明月院

あじさい寺 境内には数千株の紫陽花(主に日本の固有種ヒメアジサイ)が植えられ、「あじさい寺」として有名な明月院は臨済宗建長寺派の寺院。元は鎌倉幕府5代執権北条時頼が建立した禅興寺の塔頭であったが、現在は明月院のみが残って

続きを読む

東慶寺

駆け込み寺 北条時宗の夫人であった覚山尼によって1285年(弘安8年)に創建された東慶寺は、女性の駆け込み寺(かけこみでら)、縁切り寺として知られる寺院だ。覚山尼以来の寺の法である縁切り寺法が数多くの女性を救って来たとい

続きを読む

円覚寺

鎌倉五山第二位 元との戦い(元寇)によって失われた両軍の多くの命を弔うために、鎌倉幕府8代執権北条時宗によって1282年(弘安5年)に創建された円覚寺は臨済宗・円覚寺派の総本山だ。その名の由来は建立の際に「円覚経」が出土

続きを読む