森鴎外旧宅

02

島根県津和野市にある「森鴎外旧宅」は、1862年、藩医・森家の長男として津和野に生まれた明治の文豪・森鴎外が幼少期の11年間を過ごした旧宅。この旧宅は、後に人手に渡り、他の場所に移築されたが、1954年(昭和29年)の鴎外の33回忌の際に津和野町が買い上げ、現在の場所に移築・復元した。隣接する記念館では、鴎外の遺品や、直筆原稿などを展示している。国指定史跡。

04

05

06

07

08

09

10

11

12

14

15

17

18

19

Japan web magazine’s recommend

地図

この記事を書いた人

Toku

その場所に行ったら、見るべき場所、食べるべき料理・スイーツ、訪れるべきスポットなど、有名無名を問わず独断と多少の偏見と多分の好みを交えてご紹介します。好きなものはカレー、苦手なものは喧噪。

Toku の記事数 70 Toku の投稿一覧 See all posts by Toku

東京の桜 桜のある風景 六義園の桜の風景