静岡県静岡県のレジャー施設・体験施設等静岡県の情報静岡県の観光情報・観光スポット静岡県の記事静岡県の遊園地・テーマパーク

富士花鳥園

富士花鳥園

鳥と花のテーマパーク

「富士花鳥園」は富士山の麓、朝霧高原にある八千平方メートルの大温室を持つ、花と鳥の一大テーマパーク。

夏涼しく、冬暖かい全天候型の空調ハウスの中で、様々な種類の鳥達と触れ合うことができるのが特徴で、受付すぐのところにちょこんといる、置物のようにじっと動かない可愛らしいこをはじめ、様々な大きさ、種類の、色々な表情をしたフクロウ、ミミズクたちに出会うことができます。

現在、花鳥園で出会えるフクロウ・ミミズクは、アフリカオオコノハズク、アカアシモリフクロウ、メガネフクロウ、オオフクロウ、オナガフクロウ、メンフクロウなど、全部で約30種、約70羽。手のひらに乗るような小さくて可愛らしいフクロウから、どっしりとした存在感のある大きなフクロウまで、動物園でも中々これだけの種類と数のフクロウとミミズクにはお目にかかれない、フクロウ好き、ミミズク好き、鳥好きの人たちにはとってもおススメの場所です。エサやり体験のほか、頭上すれすれをさーっと飛んでいく姿を間近に見ることができるバードショーなども。ハウスの中には独自改良された球根ベゴニアが展示され、フクシアなどが咲き乱れる光景を目にすることもできます。

富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園

   

富士花鳥園富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園富士花鳥園
富士花鳥園富士花鳥園富士花鳥園
富士花鳥園クロワシワシミミズク
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園富士花鳥園富士花鳥園富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園富士花鳥園
富士花鳥園オオフクロウ
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園シロフクロウ
富士花鳥園トルクメニアンワシミミズク
富士花鳥園カラフトフクロウ
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園

園内にはフクロウ、ミミズクのほか、インコ(ロリキート)、エミュー、ペンギンなども飼育されています。

富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園
富士花鳥園クロオビヒナフクロウ
富士花鳥園

森の中にあるエミュー牧場

富士花鳥園のエミュー
富士花鳥園のエミュー
富士花鳥園
富士花鳥園のエミュー
富士花鳥園
富士花鳥園

富士花鳥園へのアクセス

静岡方面から:「富士花鳥園」は、富士宮と本栖湖方面を結ぶ「富士宮道路」沿い、「道の駅朝霧高原」のすぐそばに位置します。富士宮方面から車で行く場合は、「朝霧高原」の信号を過ぎてから進行方向右手、武家屋敷のような白壁がしばらく続き、その先に入口があります。入口手前には右折レーンもあるので、焦らず慌てずタイミングを待って、右に曲がることができます。

山梨方面から:「富士花鳥園」へ、山梨方面から行く場合は「道の駅朝霧高原」を過ぎてから、進行方向左手側に見えてきます。体感的には「道の駅」を過ぎたらあっという間に入口が近づいてくる感じです。道の左側に白壁が始まったと思ったらすぐ左折という感じで、こちらは特に左折レーンはないので、ミラーで後方確認をしつつ、早めにウインカーを出して左折してください。(富士宮道路は周囲が開けていて開放感があり、飛ばしている車も多いのでお気を付けください。)

目的地に近づけば、当然ナビの音声ガイドでも教えてはくれますが、運転中の実際の目からの情報として、300メートル手前などに「富士花鳥園」という看板も出てきますので、それを目印にするとよいと思います。

Japan web magazine’s recommend

富士花鳥園

Japan Web Magazine 編集部

日本のおいしい食べ物、素敵な場所、いいモノ、いいコトなどをご紹介します。

    Japan Web Magazine 編集部 has 1780 posts and counting. See all posts by Japan Web Magazine 編集部

    アバター画像