青森の食べ物 青森の郷土料理

じゃっぱ汁

青森の美味なる食べ物

食の国「あおもり」の絶品グルメ

日本海、太平洋、津軽海峡と、三方を海に囲まれた青森県は、有名な「大間のまぐろ」をはじめ、鱈、ホタテ、イカなど新鮮な海産物が豊富。それらの中で特に「青森らしい」素材を選りすぐって「七子、八珍、堂々九品、隠れ十品」と呼ぶ。「七子」とは魚介の卵で「コノコ、タコノコ、ホタテノコ、スジコ、マシラコ、ブリコ、タラコ」の事。「八珍」とは「クリガニ、ガサエビ(シャコ)、ナマコ、ウニ、フジツボ、シラウオ、サメ、ホヤ」の八つの珍味。「堂々九品」とは「メバル、アブラメ、イカ、ホタテ、ヒラメ、サケ、タラ、サバ、イワシ」のことで県の特産品九品、そして「隠れ十品」は「イシナギ(オウヨ)、ミズダコ、ソイ、カレイ、ブリ、タイ、アンコウ、マグロ、キンキン、サクラマス」のことで、地元のおすすめ品十品の事だ。

「酒飲み」ならずとも、字面を目で追うだけで涎モノではないか。また国内生産量の8割のシェアを占める「にんにく」や、国内流通量の4割を占める「長芋」、そして全国の収穫量の半分以上を占める「りんご」など農作物も豊富。それらの食材から生み出される料理の数々は実に魅力的だ。もちろん、美味しい美味しい青森の地酒も外せない。というわけで青森の美味しい食べ物たちを一部ご紹介しよう。

じゃっぱ汁

じゃっぱ汁のページへ

「じゃっぱ」とは津軽弁で「雑把(ざっぱ)」のこと。いくつか意味があるが「じゃっぱ汁」の場合は、魚をおろして身を取った後の頭や内臓、骨などのいわゆる「アラ」のことを指す。タラや鮭などのアラを入れて煮込んだものが「ジャッパ汁」。最後に肝を溶かし入れるのが、濃厚な旨味の秘密だ。寒い時期でも身体が芯までホカホカ温まる、旨味たっぷり、滋味たっぷりの、津軽の冬を代表する味覚の一つだ。

八戸せんべい汁

八戸せんべい汁のページへ

黒石つゆ焼きそば

生姜味噌おでん

生姜味噌おでんのページへ

味噌カレー牛乳ラーメン

その他の青森の味の数々

ほや

鮭のいずし

熊肉

三沢のホッキ

白子

ホタテの刺身

貝焼き味噌

馬刺し

ネマガリダケ

コゴミ

けの汁

イカ焼き

八戸沖サバ

青森シャモロック

りんごのグラタン

Share