雪の川越

雪の川越

雪の小江戸「川越」

しんしんと降り続ける雪が都会の交通網を麻痺させたその日、雪は「小江戸」と呼ばれる埼玉県川越市の美しい蔵造りの町並みも白く包み込んでいた。雪が積もった瓦屋根に街灯の光が当たり、蔵の土壁に反射する。ただでさえ風情あふれる昔ながらの町は、普段は身に付けることのない純白の羽織をふわりと身に纏って、艶やかにそこにあった。ラジオのニュースでは関越道や中央道、東北道といった高速道路の通行止と、国道6号線、4号線、254号線、17号線などの幹線道路の何十キロに渡る大渋滞をひっきりなしに伝えている。実際、周辺道路はどこも遅々として進まぬ車で埋まっていたが、江戸の香りが残るその町には、穏やかささえ漂っていた。

雪の川越の魅力をフルスクリーンで見る

雪の川越
雪の川越
雪の川越
雪の川越
雪の川越
雪の川越
雪の川越
雪の川越

  
   

雪の川越雪の川越
雪の川越
雪の川越雪の川越
雪の川越
雪の川越
雪の川越
雪の川越

川越

江戸時代には川越藩の城下町として栄え、蔵造りの町並みをはじめとして川越城、喜多院、川越氷川神社、三芳野神社といった名所旧蹟や寺院仏閣が今も多く残る「小江戸」川越として知られる埼玉県の川越市は人口約34万人の町。東京から電車で1時間以内というアクセスの良さもあり、年間約600万人以上にも及ぶ観光客が訪れる。

川越

川越 の詳細へ

Japan web magazine’s recommend

雪の川越

+-で地図を拡大縮小

Share