円覚寺

円覚寺

鎌倉五山第二位

元との戦い(元寇)によって失われた両軍の多くの命を弔うために、鎌倉幕府8代執権北条時宗によって1282年(弘安5年)に創建された円覚寺は臨済宗・円覚寺派の総本山だ。その名の由来は建立の際に「円覚経」が出土したからという。最盛時には七堂伽藍、42の塔頭を持つ寺であった。現在も北鎌倉の駅から歩いて二分というアクセスのよさと、美しい景観で、多くの人々をひきつける。

  

円覚寺

円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺

     

円覚寺
円覚寺円覚寺
円覚寺円覚寺
円覚寺円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺

     

円覚寺円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺

国宝「舎利殿」。入母屋造、柿(こけら)葺きで室町時代の建築といわれる。

円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺

坐禅道場である「選仏場」。薬師如来立像(南北朝時代)が安置されている。

円覚寺
円覚寺
円覚寺

塔頭の一つ松嶺院。牡丹が有名。作家開高健が眠る。

円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺

Japan web magazine’s recommend

鎌倉

+-で地図を拡大縮小

Share